夏場の「お風呂のカビ」対策と、「キッチン」の掃除ポイントとは?

夏場の「お風呂のカビ」対策と、「キッチン」の掃除ポイントとは?

夏場の「お風呂のカビ」対策と、「キッチン」の掃除ポイントとは?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。7月10日(火)の放送には、巷で話題の家事代行のプロ集団「タスカジ」からseaさんが登場。前回の記事では、整理収納とお掃除のコツを紹介しました。続いて今回は、seaさん直伝の水回りやクローゼットをキレイにするコツを紹介します。



◆夏は要チェック! キッチン・水回り掃除のポイント

これからの時期、seaさんが「まずやってほしい!」と話していたのは、「キッチンの換気扇のフィルター掃除」です。フィルターが目詰まりを起こしていると換気扇の効率が下がり、熱がこもりやすくなりがち。そのため思い切って掃除をし、ひとまず使い捨てのフィルターを付ける。そうすれば、次は剥がすだけで済むそうです。

2つめは、「お風呂のカビ予防」です。夏は特にカビが発生しやすく、増えやすい時期。そこで、まず実践すべきはお風呂場をできるだけ早く乾かすことだそうで、残り湯はすぐに抜く、あがるときは換気扇をつけて窓を開けたり、窓がないお風呂であれば浴槽に向けて扇風機などで風を当てたりするといいとか。

◆意外と使いづらい!? クローゼットを上手に利用

最後は収納のコツ。
その1つは、「使いやすい場所をクローゼットにする」ことです。間取り上ではクローゼットになっている場所が実は使いづらいということもしばしば。そういった場合には、そこはストックなどのスペースにして、他の場所に洋服を置くのもありだとseaさんは言います。

さらには、「1人の衣類は1ヵ所にまとめる」、これは徹底すべきとseaさん。クローゼットが複数あると洋服が分散してしまいます。そうなると、どこに何があるかわかっているつもりでも、いつしか把握できなくなり、着ない洋服が増えがちに。さらには衣替えも大変です。そこで、季節や用途でしまう場所をわけるのではなく“人”でわけたほうがうまくいくとのこと。

クローゼット内の収納についても、たくさんの洋服を全部同じように並べるのは難しいので、普段着るものをいかに出し入れしやすい場所にしまうかが大事だとか。

seaさんの収納術について、詳しくは彼女の著書『タスカジseaさんの「リセット5分」の収納術』をチェックしてみてください。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年7月18日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani

関連記事(外部サイト)