“考えるな、感じろ”クラシック初心者におすすめの楽しみ方とは?

“考えるな、感じろ”クラシック初心者におすすめの楽しみ方とは?

“考えるな、感じろ”クラシック初心者におすすめの楽しみ方とは?



◆初心者にオススメのクラシックコンサート!

クラシックのコンサートというと、“ちょっとハードルが高いかな……”と感じる方もいらっしゃると思いますが、そんな初心者の方が“クラシックコンサートへ行ってみよう”と思った際にオススメなのが、住んでいる近くにあるオーケストラ。または、ツアーでやってくるオーケストラのコンサートなど、まずはオーケストラの迫力を味わうこと! ほかには、夏休みやクリスマスのシーズンには、MC付きのコンサートや、ファミリーコンサートも増えます。司会が出てきて喋ったり、指揮者が解説してくれたりするコンサートなどなど、0歳から入れるコンサートもあるんです。







高野先生:“わたし静かな曲が好きなんだよね”とか、“フィギュアスケートの大ファン!”みたいな、目的がはっきりしている人は、自分のオタク心に忠実にマニアックに攻めていってほしいなと思います。

かなこ:うんうん。

高野先生:私は小学1年生のときに、モーツァルトの伝記漫画をクリスマスにもらって、恋に落ちて、そこから追っかけをしてクラシックを好きになったという(笑)。クラシックっていうジャンルを敷居が高いと思う前に好きになっちゃった。

あーりん:じゃあ、アイドルみたいな感じなんだ!

清野茂樹(ナビゲーター):クラシックのコンサートで“ここに注目したらいい”っていうポイントはあるんでしょうか?

高野先生:それもアイドルのライブと一緒だと思っていて。例えばオーケストラ1つとっても、団員の人が来て、みんな(衣装を)黒に揃えているんだけど、“あの人だけ攻めてるな”っていう人がいたり。指揮者の動きが、“この人はロックっぽいな”とか、キャラが出たりするんですよ。私は最前列のほうに行ってアーティストさんの様子がより近く見えるほうが面白いんじゃないかと思うんですよね。

かなこ:いろんな楽しみ方があるんですね。私たちもオーケストラの方に演奏してもらって歌ったことがあって、そのときは迫力に圧倒されました。音圧とか、わからないながらに“すごいな!”って思いました。

高野先生:それはすごく大事なポイントだと思いますね。

清野:オーケストラって生で聴くと音が大きいし、体が圧倒されますよね。

高野先生:今の時代、PAなしに生音であれだけの音量を聴かせるってほかにないんですよね。楽って最初に「わからないから」って言う人が多いんですけど、感じればいいんですよ。「考えるな、感じろ」ですね(笑)。

あーりん:確かに目でも楽しめるっていうのはオーケストラの特徴だなって思いますね。私、シンバルばっかり観ちゃいます(笑)。“あ! 出てきた! 終わっちゃった〜”って(笑)。家族で今年のニューイヤーコンサートに行ったんですけど、シンバルの方と太鼓の方がすっごい仲が良さそうで、ずっと喋っていて(笑)。すごく楽しそうにやっている方々で。本人たちもそれを楽しんでるんだな〜と思って。そういうのは音源だけじゃわからないですもんね。



----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年10月1日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)