岸博幸氏、休刊した「新潮45」を酷評「レベルが低い記事」

岸博幸氏、休刊した「新潮45」を酷評「レベルが低い記事」

岸博幸氏、休刊した「新潮45」を酷評「レベルが低い記事」

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。9月26日(水)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに、休刊を発表した月刊誌「新潮45」について伺いました。



25日(火)、新潮社公式サイトで月刊誌「新潮45」の休刊が発表されました。事の発端は、自民党の杉田水脈議員が発した「LGBTは生産性がない」という発言です。多くの批判を集めたこの発言に対して、「新潮45」は10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し7本の論文を掲載しました。すると、この企画に対して読者から批判が殺到。新潮社社長は「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現があった」と認める声明を出す事態となりました。

岸さんはこれらの騒動について「そもそも杉田議員は国会議員でありながら、差別や偏見に満ちた論考を出していることがおかしい」とコメント。さらに、杉田議員の意見を擁護するような内容を掲載した新潮社に対しても「情報を正しく伝える役割を持つメディアのやるべきことではない」と痛烈に批判します。

「メディアは、極端な意見を出すことで視聴者や読者をひきつけるような表現をする傾向があるのでは?」と中西。これに対し、岸さんは「本来マスメディアとは多様な意見を紹介するもの。ある立場からの意見に偏ってしまうことは論外」と考えを述べます。

さらには、今回の「新潮45」の記事について岸さんは、「ネットメディアのようにレベルが低い記事。質の高いメディアとは言えない」と話していました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年10月4日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)
アシスタント:ケリーアン(月〜水)、綿谷エリナ(木〜金)
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)