防災グッズ専門店が教える“本当に使える”自家発電グッズ3選

防災グッズ専門店が教える“本当に使える”自家発電グッズ3選

防災グッズ専門店が教える“本当に使える”自家発電グッズ3選

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。9月18日(火)放送の「TREND EYES」のコーナーでは、停電が起きたときに使える自家発電グッズを紹介しました。



北海道胆振東部地震では、北海道全域が長期間にわたり停電を強いられ、人々の生活に大きな影響を与えました。そこで今回の放送では、防災グッズ・防災用品の通販サイト「セイショップ」に、「本当に使える自家発電グッズ」TOP3を教えてもらいました。

第3位 「Powerfilm ロールアップセット」12万7,440円(税込)
ソーラーパネル2枚とポータブル蓄電池のセット。届いてすぐに太陽光蓄電ができます。6時間のフル充電で、スマートフォン15回分、ノートパソコン2回分の充電ができ、重さは800グラムと軽量。くもりでも室内でも発電できる丈夫なソーラーパネルは、アメリカ軍、NASAやJAXAの宇宙開発に使われた実績も。

第2位 「エイターナス+変換器+シガーコードセット」9万6,984 円(税込)
エイターナスは空気にふれると発電し始める、非常用の電池です。1台で540ワットもの電力を発生し、10年間保存が可能。スマートフォンやテレビ、パソコンなどに使用できるのはもちろん、日常で医療機器を使用している人が購入するケースも多いそう。

第1位 「バイオライト キャンプストーブ2」3万780円(税込)
たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブです。ガスやガソリンなどを使わず、小枝などの自然燃料さえあればどこでも電気を作って貯めることができます。また、15〜20分の充電で、携帯電話で1時間ほど通話することができます。
防災グッズのなかでは断トツの売れ行きだそうで、購入者の9割が、ポットやグリル、収納袋などがそろったフルセットをチョイスしているとのこと。

「セイショップ」によると、これらの防災グッズは災害が起こるたびに問い合わせが殺到し、完売してしまうそう。いざというときのために、日頃から防災に対する備えをしておくことが重要です。また、すでに自家発電機を持っているという方も、定期的なメンテナンスを心がけることが必要です。東日本大震災のときには、津波による浸水とメンテナンス不足が原因で、約半数の自家発電装置が動かなかったといいます。

中西は、「電力供給が止まったときに備え、個人で2〜3日はスマートフォンの充電ができる備えをしておくことが必要かも」と述べていました。

【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)
アシスタント:綿谷エリナ(月〜金)
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)