ロンブー田村淳が久々にうらやんだ後輩とは!?

ロンブー田村淳が久々にうらやんだ後輩とは!?

ロンブー田村淳が久々にうらやんだ後輩とは!?

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が、希望に向かい歩んでいる方々を迎え未来へのヒントをキャッチするTOKYO FMの番組「ゆうちょ presents 田村淳のFLY HIGH!〜挑戦が未来を熱くする〜」。
6月11日(日)の放送では国際派女優・祐真キキさんをゲストに招き、彼女の意外な恋愛事情、そして日本とアメリカでの活動について伺いました。



現在はアメリカに拠点を置き、日本と行き来しながら活躍している祐真さんですが、子どものころからの夢は人道支援活動を行なうこと。世界的な女優になることでそれも叶うと思った彼女は、その足がかりとしてハリウッドに飛び込みましたが、やはり最初はいろいろと苦労が多かったようです。

なかでも大きいのは言葉の壁。高校在学中、アメリカ留学をしていた祐真さん流の、手っ取り早く英語を学ぶコツは、“恋愛すること”だとか。なんでも女優を目指し渡米してすぐ、彼女はカウボーイと5年間付き合っていたそうです。
恋愛話も気軽に話してくれる姿に驚く田村でしたが、「別に隠すことないんで(笑)」と笑顔で一蹴する祐真さんは、その後も英語上達のポイントを披露。当時遠距離恋愛をしていた祐真さんは、いつも電話で話していたので図らずもヒアリングが上達。同時に、電話だと身振り手振りで伝えられないため喋りも上手になったのだとか。

祐真さんの代表作と言えば、2015年に放送された海外ドラマ「HEROES Reborn」。祐真さんは、“刀ガール”ことミコ・オオトモ役として出演し、作中では見事な殺陣を披露していました。これは日本にいるときから学んでいたそうです。「ロサンゼルスに行く前の2年ほど東京にいたんですけど、そのときに演技の学校に行きまして、そこで『ラストサムライ』に出ていた高良隆志さんに(殺陣の)ベースを教えてもらって。それで、アメリカに渡っても殺陣クラスを見つけて一応継続はしていたんです」と、地道な活動が実を結んだ経緯を話してくれました。

アメリカでの女優活動について祐真さんは、「結果が出ればいい、オーディションに受かれば仕事がある。オーディション社会なので、実力がなければダメなんですよ」と日本とは違ってシンプルでわかりやすいと言います。

それを聞いた田村は、今春渡米した後輩のピース・綾部祐二さんを引き合いに、海外での活動に対する思いを吐露。「あいつが何も考えずに(NYに)行くって聞いたときは、なんてうらやましい、先にやられたっていうか……久々に後輩でうらやましいと思った」と話し、綾部さんの慣例をぶち壊すような行動に憧れているようでした。

一方で、実際にアメリカで活躍する祐真さんに対してはいろいろと期待するところも大きいようで、「アメリカで結果を出しているんだから、日本のくだらないルールみたいなものはキキさんしか壊せないものがたくさんあるかもしれない」と田村はエールを送ります。
それを受けて祐真さんは「今のところ忠実に従ってますけどね……壊せないです」と苦笑いしつつも、「おかしいと思ったら壊しますけど(笑)」と応じていました。

祐真さんのまっすぐで飾らない言葉に、「キキさんのおかげで俺ももっと芸能活動を頑張ろうと思った」と刺激を受けた田村。祐真さんも「私も頑張ります。これから日本でも、どこでも広げていきたいので」と話し、また何年後かに語り合う約束をしたふたりでした。

【番組概要】
番組名:「ゆうちょ presents 田村淳のFLY HIGH!〜挑戦が未来を熱くする〜」
放送日時:毎週日曜11:30〜11:55
パーソナリティ:田村淳
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/flyhigh/


----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月19日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)