上司が話している前で「スマホいじり」、あり? なし?

上司が話している前で「スマホいじり」、あり? なし?

上司が話している前で「スマホいじり」、あり? なし?

2017年に話題となった、元横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行問題は、説教中の「スマホいじり」に腹を立てたことが発端だったと言われています。あらためて“スマホのマナー”について考えさせられた人もいたのではないでしょうか?
そこで、ニュースメディア「TOKYO FM+」は、ビジネスシーンでの“スマホのマナー”について調査。「上司が話している前で“スマホいじり”、あり? なし?」という問いでアンケートを実施しました。果たして、その結果は……?




■上司が話している前で「スマホいじり」、あり? なし?
あり: 81 票(9.06%)
なし:813票(90.93%)
回答票数:894票

※2017年12月に「TOKYO FM+」公式Twitter、LINEアカウントメディア、公式Facebookにて実施

◆なし派の意見
「上司・先輩が話している前でのスマホいじりは失礼極まりない」
「人が話しているときは話を目でも聞くものだと小学校のときに先生に教わった」
「自分より上の人が話しているならしっかり聞くべき。作業などならまぁわかるけどスマホは流石になしと思う」
「上司・先輩じゃなくてもありえない。自分がされて嫌なことは基本的に他人にもしない」
「よほど緊急を要することじゃない限り、いじるべきではないと思う 上司に限らず、人の話を聞くならきちんと聞くべき。スマホをいじっているのを見ると、こちらに注意を向けていないように見えるから、いじっている本人は聞いているつもりでも、話し手としては聞いていないように感じるし……」

◆あり派の意見
「内容によりますけど、雑談レベルなら普通にいじりますね。雑談じゃなくてもスマホでメモを取ることもありますし、問題ないと思いますよ」

上司が話している前での「スマホいじり」は、「なし」が約9割で多数派となりました。少数派とはいえ「あり」も9%を占める結果となりました。あなたはこの結果をどう思いますか?

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆

関連記事(外部サイト)