できるなら「仕事はすべてリモート」にしたい? みんなのリアルな声は…?

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。5月11日(火)の「社会人意識調査」のテーマは「できることなら、仕事はすべてリモートにしたいですか?」。はたして、その結果は……?


番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(リモート画面)と秘書・浜崎美保


Q.できることなら、仕事はすべてリモートにしたいですか?

はい  46.9%
いいえ 53.1%
(回答数:1,006票)

◆「はい」に関する意見
「対人必須の仕事なので難しいですが、リモートにできると安心ですよね」(千葉県 28歳 男性 介護職)

「会社までの移動時間をほかのことに充てられるので、リモートを推奨したいです。会社も交通費の代わりに通信費を賄ってくれたら嬉しい。オフィスがいらなくなるので固定費もさげられると思います」(東京都 36歳 男性 会社員)

「家に小さい子どもがいるので、今の状況での電車通勤は危険すぎて出社したくないです!」(東京都 40歳 女性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「だらけてしまいそう。張り合いがなさそう」(東京都 24歳 女性 保育士)

「外回りの営業なのですが、すべてリモートは絶対に無理です! 仕事相手がリモート対応してくれるわけではないですし、なにより僕自身が、家や会社に一日中いられない体になってしまいました(笑)」(東京都 31歳 男性 会社員)

「パソコン越しに話すと、例えば、変なところで音が途切れても聞き返しづらいし、世間話的なものを入れづらく、結果、仕事の話もあまり盛り上がらない感触です。リモートは週1〜2くらいが理想です」(41歳 女性)

番組リスナーの投票による結果は「はい」46.9%、「いいえ」53.1%となりました。実際にリモートワークが可能か否かは職種によって異なるものの、リモートワークを求めている人は思っている以上に多いのかもしれません。

【20代は「はい」が6割弱】
男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が「男性」44.5%、「女性」50.4%となりました。また、世代別で「はい」と答えた人の割合を見てみると、「20代」57.3%、「30代」51.3%、「40代」43.4%、「50代」43.1%となっています。

◆アンケートの詳しい結果はサイトからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆5月12日(水)の「Skyrocket Company」アンケートテーマは「1,000円ランチ……高いと思う? 安いと思う?」です。投票はサイトから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますのでお聴き逃しなく!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月19日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜 17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

関連記事(外部サイト)