森三中・大島美幸 もしも息子が芸人になりたいと言ったら…「一応、全力で反対します(笑)」

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。6月16日(水)の放送では、みんなの“家族エピソード”をシェア。さらには、ゲストに森三中の大島美幸さんが登場しました。


大島美幸さん(右)とパーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせている“ザワニュー”のなかから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“こんな家族ですいません”。家族のちょっと困った部分や変なクセ、さらには秘密など、みんなの家族エピソードを募集しました。

リスナーからは、「母と僕は食事中に卵や魚介類が箸から落ちたとき、『お〜、生きとるな』と言ってしまう」「家族全員、泡立て器のことを『のりこ』と呼んでいる。きっかけは私が小さい頃、泡立て器を見ると『のりこ』と呼んでいたから」「家族みんなで歩くと父親のサングラスがとても目立つ。1人だけ職務質問を受け、父親だけ異様……」などさまざまなメッセージが。

そして、「家族全員マヨラーなのでマヨネーズの減りが異常に早く、常にストックが10本ある。ちなみに僕が最もマヨネーズに合うと思うのは豚骨ラーメン」というメッセージに、れなちは、「美味しそうだけど、すごい油。悪魔みたいな食べ物ですね(苦笑)。でも美味しそう!」とちょっぴり興味をそそられた様子。

また、「僕の母は階段を上がるとき、Official髭男dismの『Pretender』の“グッバイ♪”の部分だけ歌いながら上がっていく」「大学の課題に苦しんでいるのに、弟はエミネムを大音量で聴き、父はエレキギターでエアロスミスの曲を弾き、母は料理しながら宇多田ヒカルを熱唱している」「私の家族は離れたところにいる人を『ほーーーっ!』と叫んで呼ぶ。人混みのなかでそう呼ぶのはやめてほしい」といった愉快なメッセージも続々と到着。

そのほか、「父親が社交的すぎて困る。授業参観では僕の友達に絡むなど恥ずかしい。でも、僕も弟の部活のチームメイトに話しかけて、弟に怒られた」「父は老眼鏡を10本以上持っている。これ以上買わないでほしい」「我が家では『ありがとう』と言った後に、必ず『いい薬です』と言う」などたくさんのエピソードが寄せられました。

どれもほっこりするようなエピソードの数々に、れなちは「実際に会ってみたい家族がいっぱい(笑)」と笑顔が絶えません。そして、「本人にしてみれば怒ってしまうようなことがあるかもしれないけど、端からみれば本当に愛らしいお話ばかりでした。ぜひ、ご家族を大事にしてくださいね」とメッセージを送りました。

この日のゲストは、森三中の大島美幸さん。森三中は1998年に結成され、メンバーの村上知子さん、黒沢かずこさんとの関係はもはや20年以上。それだけに家族ぐるみの付き合いをしているそうで、なかでも黒沢さんは大島さんの息子・笑福くんや村上さんの娘を同世代の友達だと思って接し、みんな楽しそうにしていると言います。

リスナーからは「もしも笑福くんが『芸人になりたい』と言ったら?」という質問が。すると大島さんは「一応、全力で反対します(笑)」と即答。そして、芸能界の厳しさを伝え、さまざまな世界があることを伝えるなど、いろいろと説得してみたうえで、それでも「芸人になりたい」という気持ちが揺るがないのであれば認める、とも。「(親として)一度は反対しますけど、やっぱり本人がやりたいことが一番楽しい。自分もそうだったので」と話していました。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年6月24日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連記事(外部サイト)