野口健「“富士山にゴミがある”って事実はタブーだった」富士山清掃を始めた当時を振り返る

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。8月4日(水)のお客様は、野口健さんとお笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一さん。ここでは、富士山清掃を始めた当時のトラブルを振り返っていきました。

??この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)野口健さん、滝沢秀一さん


◆最初の頃は大変だった
野口:最初に富士山清掃をしていた頃は、“富士山にゴミがある”っていう事実を公表することが、ちょっとタブーだったんですよ。

滝沢:そうなんですか!?

野口:やっぱり観光地ということで。でも当時は、登山者のゴミだけでなく山小屋のゴミもあったので。

滝沢:じゃあ、野口さんが「富士山にはゴミがいっぱいあるから片付けましょう」って言ったことで、全国に広がっていったっていうことですか?

野口:いろんな団体が(黙秘をしながら)清掃活動はしていましたけど、僕がけっこうベラベラとしゃべっちゃいましたね(笑)。

滝沢:「寡黙なアルピニスト」って言われていましたけどね(笑)。

野口:だから、相当無理をしてしゃべったんですよ(笑)。

滝沢:でもそれって、みなさんに知ってもらいたい現実ですからね。

野口:私が始めた頃は、富士山とかに清掃に行くと、関係者の方が怒鳴ってきたりしましたからね。

滝沢:「なんでそんなことを言うんだ!」っていうことですか?

野口:そういう問題が表に出てしまうと困るので「お前ら、そこで何をやっているんだ!」って。だから、最初の頃は大変だったんです。

滝沢:ゴミがあることよりも、そういう現状がいろんな人に知られることのほうがマズかったということですか?

野口:例えば、遠くから見たら美しい富士山がA面、ゴミ問題がB面とするじゃないですか。それを、清掃をする、参加者を集める、その様子をメディアが撮って報道することで、B面がA面になっちゃうわけですよ。

滝沢:なるほど。

野口:しかも(富士山は)国立公園のなかにおけるゴミ問題ということで、犯人探しが始まるんですね。国立公園の特別保護区のなかで、ゴミを捨てることは犯罪なんですよ。

滝沢:そうですね。

野口:っていうことは、不法投棄を含めて、そういうことをしてきた関係者がいるわけですよ。結果、そことのぶつかり合いになるわけなんですよね。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

9月20日(月・祝)みうらじゅんさん×いとうせいこうさん
9月21日(火)島田秀平さん×しみけんさん
9月22日(水)森脇健児さん×純烈・後上翔太さん
9月23日(木・祝)大竹しのぶさん×清水ミチコさん

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
??野口健、エベレスト登頂時に感じた意外な感情とは?
続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→https://audee.jp/about
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

関連記事(外部サイト)