“百獣の王”武井壮が、次に目指すキャッチフレーズは…?

“百獣の王”武井壮が、次に目指すキャッチフレーズは…?

“百獣の王”武井壮が、次に目指すキャッチフレーズは…?

やまだひさしがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「やまだひさしのラジアンリミテッドF」。10月5日(金)深夜の放送では、タレントの武井壮さんが登場。リスナーから寄せられたメッセージに答えました。


武井壮さん、やまだひさし



私生活では「人から相談されることが多い」という武井さん。リスナーからも深刻な悩みが届くかと思いきや、最初の相談は「焼き鳥はタレ派?塩派?」というもの。「そんなの部位によるよ」と拍子抜けしつつも、「ちょうちんはタレ、ぼんじりは塩、皮はタレ、むね肉は塩だよ」と律儀に答える武井さんでした。

続いてリスナーから寄せられたのは、「睡眠時間が短くてもフィジカル面に支障は出ませんか?」という質問。深夜のトレーニングが日課の武井さんは、なんと仕事をする3時間前に2時間ほど寝るようにしているそうです。武井さん曰く、短い時間でノンレム睡眠(深い睡眠)に入れるそうで、そこに至るまでに「寝る時間を分割して一度の睡眠を短くする実験を繰り返した」とのこと。移動中やちょっとした空き時間などに短時間寝るだけで「イージー。余裕です」と即答していました。

“百獣の王”というキャッチフレーズで一世を風靡した武井さんに、リスナーからは「そろそろ新しいものに変えてみては?」というメッセージも。当時、肩書きがなかった武井さんは「世の中に溢れている肩書きのなかで頂点はなんだろう?」と考えたそうです。“国王”や“魔王”などの候補も頭をよぎったそうですが、“百獣の王”にピンときたとか。“百獣の王”を体現するべく、武井さんは「動物の倒し方を全部調べた」そうです。ちなみに、次なるキャッチフレーズはすでに決まっているそうで、「何でもできて何でも知っている男として、“全知全能の人”を目指したい」と宣言しました。

陸上競技・十種競技の元日本チャンピオンなど、アスリートとしても輝かしい経歴を持つ武井さん。陸上を辞めた理由を問われると、「努力に見合った対価を手に入れられなかったから」と回答。日本一になっても収入や世間の認知度が上がらない現状を変えようと、芸能界に入り、“スポーツ”というコンテンツを武器に自身の知名度を高めて、努力に見合った対価を得られる存在になろうとタレントへの転向を決意したそうです。

周囲からはストイックなイメージを持たれるそうですが、「全然ストイックじゃないし、トレーニングは好きじゃない」ときっぱり。かつての“努力に見合った対価を得られなかった”経験から、「ただただ努力をしてストイックに過ごすなんて無理。対価としてきちんと手に入れられるもの(ゴール)がなければ、人間のやる気なんてすぐに折れてしまう」と語る武井さん。これから物事を始めようとする人に向けて、「きちんと自分の生活を支える道を作るべき」とアドバイスを送りました。

また、“百獣の王”の異名を持つ武井さんがめっぽう弱いと話すのが、女性。現在、彼女はいないという武井さんですが、「(付き合った女性には)めちゃめちゃ甘い」と意外な一面を明かします。「彼女にはすごく資本投下するし、要望には迅速にお答えします。ぜひ番組まで写真付きでメールください(笑)!」と呼びかけました。

続いて寄せられた「嫌な人と会わなければならないときはどうしていますか?」という質問には、「どうしてもソリが合わない人はいるけど……」と前置きをしつつ、「その人を笑わせるように努力する」と回答する武井さん。さらに「笑わせたら勝ち。自分の話でゲラゲラ笑ってくれる人が嫌なことをするわけがない。嫌な人でも笑わせちゃえばいい人になる」と続けます。他人に厳しかったアスリート時代を反省し、タレント転向後は心を入れ替え、人から愛されることを最優先にしているからこその考え方だと語りました。

最後に寄せられたのは、「“武井壮”と聞くとどうしてもバニラアイスが食べたくなってしまう。心当たりはありますか?」というメッセージ。武井さんはバニラのフレーバーが入った柔軟剤を使っているため「過去に俺と深い関係になった女性かも……?」と予想しますが、このメッセージをくれたのが男性だとわかった瞬間、「ただのバニラ好きなんじゃね?」とバッサリと手のひらを返し、笑いを誘うひと幕もありました。

どんな質問や相談にも瞬時に、的確に返答していた武井さん。やまだに最後のメッセージを求められると、今後はSNSを通じて「トレーニングやアスリートに関する深い情報を配信する会員制のサイトも計画している」と現在進行中のプロジェクトについても紹介してくれました。

<番組概要>
番組名:やまだひさしのラジアンリミテッドF
放送日時:毎週金曜 25:00〜29:00
パーソナリティ:やまだひさし
番組Webサイト:http://www7.jfn.co.jp/f

関連記事(外部サイト)