アウトドアや“万が一の災害時”にも活躍! “大容量”“高出力”なポータブル電源「Jackery」

“一歩先を行く手の届く贅沢”をテーマにした情報紙「ビズスタ」から、社会で活躍するビジネスパーソンのウェルネスなライフスタイルに役に立つ最新情報をお届けするTOKYO FMの番組「ビズスタ THE REAL WELLNESS」。「ビズスタ」編集長・佐原雅之がパーソナリティをつとめます。11月20日(土)の放送は、株式会社Jackery Japanの平松孝太さんに、ポータブル電源「Jackery」(ジャクリ)について伺いました。


ポータブル電源「Jackery」



近年のアウトドアブームや、いざというときの自然災害に備えてポータブル電源への注目度は高まっています。なかでも今回は、スタイリッシュなデザインと持ち運びの便利さで人気急上昇中のポータブル電源「Jackery」ブランドをご紹介します。


平松孝太さん



平松:「Jackery」は2012年にアメリカで誕生しました。社名の語源は、“ジャケット”と“バッテリー”を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが込められており、その名の通り、どなたでも室内のコンセントのように気軽に使えて持ち運びも容易です。

これまでのポータブル電源は“非常時の電源確保”が主な目的でしたが、「Jackery」はソーラーパネルとの併用に加えて、大容量、高出力なスペックを持ち、また(用途にあわせた)いろいろなラインナップがそろっているため、アウトドア用品としても定着しています。

例えば車でキャンプに出かける際に、向かう道中で電気ケトルや電気毛布などが使えて、現地到着後は、炊飯器やジューサー、ホットプレート、LEDランタンも使用できます。ほかにも、ノートPC、小型テレビ、スマートスピーカーなど、(普段のアウトドアでは持ち運ばないような、)多種多様なアイテムも使用することができます。

また、万が一の災害時には、スマホの充電やヒーター、冷蔵庫、ラジオなどの使用でも活躍し、不安な気持ちを軽減してくれます。そして、すべての製品で「防災製品等推奨品認証」を取得していますので、安心してお使いいただけます。

佐原:ジャクリは「できること」が多いですね! 災害時だけではなく、アウトドアや日常の生活でも使えるので、一家に1台あるととても便利です。各種レビューを見ても軒並み高評価で、みなさんもさまざまな使い方で楽しんでいます。私も、車に「Jackery」とノートPCを乗せて、山や川などに行ってリモートワークをしたいと思いました。

製品の詳細は「Jackery」のECサイトや大型の家電量販店でチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月28日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ビズスタ THE REAL WELLNESS
パーソナリティ:佐原雅之(ビズスタ編集長)
放送日時:毎週土曜7:25〜7:30

関連記事(外部サイト)