Ado&『阿修羅ちゃん』提供のNeruが対談 “歌い続ける理由”を明かす

Adoさんが、11月19日(金)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! Ado LOCKS!」に出演。10月に配信リリースされた『阿修羅ちゃん』の作詞作曲を担当したボカロPのNeruさんをゲストに迎え対談を行いました。そのなかから、お互いの印象や、NeruさんがAdoさんの声について語った部分を紹介します。



「Ado LOCKS!」は、11月の毎週金曜にSCHOOL OF LOCK! 内でお届けしています。計4回の放送のうち、今回は3回目です。



Ado:今夜はこの方といっしょにお届けします!

Neru:Neruです、よろしくお願いします! 僕こういう経験がないので、Adoさんに引っ張ってもらわないとしんどいなという思いがあって……。だいぶ緊張して寝られなかったんですよ(笑)。

Ado:えぇ〜……私もがんばらなきゃ(笑)。

Neru:頼みますよ、まじで(笑)。

Ado:そうですよね、「Ado LOCKS!」ですもんね(笑)。



Ado:私にとってのNeruさんは、小学5、6年生のころに歌い手に憧れて「始めたい」「歌い手になりたい」と思ったときに楽曲を聴かせていただいていました。本当に、いまお話ししているのが奇跡みたいな感じです……!

Neru:いやいやいや。僕からしたら逆ですよ、それは!

Ado:なんでですか!(笑)。でも(私が)歌い手さんに憧れていたころと変わらずに、Neruさんの楽曲はずっと寄り添ってくださっていて。

Neru:不器用なんで、変えられないっていうのはありますからね(笑)。

Ado:いやいや、それが良さにもなっているのかなって思います!



Ado:自分で言うのもあれなんですけど……Neruさんが、私を知ってくださったきっかけって何でしょう?

Neru:僕は、大変恐縮ながらネットの音楽シーン……ニコニコ動画とかYouTubeとかあまり見ないんですね。Adoさんはそこのカルチャーの方じゃないですか。それで、たぶん去年とかに「こういう人いるんだ」と思って……っていうのも、前回(11月12日放送分に)出演されたsyudouくんとかすりぃくんとか、てにをはさんとか、わりと仲良くしていただいてる方がAdoさんに楽曲提供という形で関わっていて。Twitterを見たときに、さすがの田舎者の自分にも、どうやらAdoっていうヤツがヤバいらしいみたいな(笑)。いま黒船が来てる、みたいに情報が入ってくるわけですよ(笑)。で、知り合いが曲を書いてるから聴いてみたら、「なんだこの悪魔は!」と思って(笑)。

Ado:(笑)。

Neru:聴いてくださっているAdoさんのファンの方はご存知だと思うんですけど、とんでもなく歌が上手だと!

Ado:恐縮です……!

Neru:syudouくんもすりぃくんもてにをはさんも、曲が全然違うベクトル向いてるわけじゃないですか。三者三様というか。

Ado:そうですね。

Neru:ただどんなタイプの曲も「自分のものにしてみせるぞ」みたいな、表現力がすばらしいと思って。なので、僕もいつか機会があったらいっしょに制作させていただきたいなっていう、完全なオタクの妄想がまさか具現化してしまうとは思ってなくて(笑)。声かけていただいて、もう即答でしたね!

Ado:そうやって思っていただけたのは、嬉しいですね……!



Neru:Adoさんはお歌がめちゃくちゃ上手じゃないですか。そもそも歌を投稿しようって思った理由とか、歌をそれだけ好きになる理由はなんだろう? と思って。

Ado:好きになる理由……改めて聴かれると難しいんですけど、もともと自分はすごいネガティブなんです。いまも自分のこと大嫌いで、朝起きて「なんでこんな気持ち悪いんだろう……」とか、ひとり言を言ってしまうくらいなんですけど(笑)。自分にも自信がなくて、あまり自分のことを好きになる理由とかもなかったんですよ。

Neru:うんうん。

Ado:例えば、勉強や運動がすごいできてとか(もなくて)、本当に昔から陰キャだったんです。将来の夢も、「どうせ私には無理だろう」という思考でなかったんですけど。小6のときに歌い手さんに出会って……顔を出さなくても本名じゃなくても、誰かわからないけどボカロの曲をかっこよく歌いこなせて、こんなにたくさんの人に見てもらう場所があって、誰かを支えてるんだ……っていうのにすごい感激して。「これなら私にもできるかもしれない!」と思って、自分を好きになるきっかけとして始めた……っていうんですかね。

Neru:なるほど〜。

Ado:もし自分が歌い手という活動をして、いろんな人に歌を聴いてもらえたら「もしかしたら、自分のことも好きになれるかもしれない」って思って……。歌い手さんがボカロの曲をかっこよく歌いこなす、というのが単純にかっこいいっていうのもあるんですけど。自分の将来が明るくなればいいな、自分のことを好きになれたらいいな、っていう理由で歌い続けているっていうのがあります。

Neru:うん……かっこいいなぁ。それ、俺も言っていいですか?

Ado:なんでですか!(笑)。

Neru:いや、いいエピソードだなぁ。それが12歳とかですもんね……聴いてますか!? お父さんお母さん! お子さんこんなに立派に育ちました!!

Ado:(笑)。パパ、ママ〜!

Neru:(笑)。なるほど〜。そういうふうに筋が通ってないと、そこまで歌は上手にならないと思うんですよね。「人気者になりたい!」みたいな理由でももちろんいいと思うんですけど、やっぱりそれだとモチベーションとして弱いというか。多くの人を引き付けるアーティスト……どんな分野にもいると思うんですけど。活躍される方っていうのは、それだけの理由はあるなと思って。Adoさんもそれだけの理由に相当するというか、すごく腑に落ちました!

Ado:いやいや、とんでもないです……!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年11月27日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)