坂本美雨、母・矢野顕子から言われた「衝撃の一言」とは?「崖から突き落とされたような気持ちでした」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。
10月30日(土)放送のお客様は、シンガーソングライターの坂本美雨さん。約5年ぶりとなるニューアルバム『birds fly』を10月20日(水)にリリースした坂本さんが新作について語りつつ、母・矢野顕子さんとのエピソードも披露しました。


坂本美雨さん



坂本龍一さんを父に、矢野顕子さんを母に持つシンガーソングライター。1997年、17歳のときに「坂本龍一 featuring Sister M」名義によるシングル「The Other Side of Love」でデビュー。1999年から本名・坂本美雨として本格的に音楽活動を開始します。その後、執筆活動、ナレーション、演劇など表現の幅を広げています。

TOKYO FMでは全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティを担当。今年おこなわれた「東京2020パラリンピック」の開会式では、蓮沼執太さん率いる「パラ楽団」のボーカルとして歌声を披露しました。


(TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」10月30日(土)放送ゲスト:坂本美雨さん



◆矢野顕子に初めて相談をしたら…

川島:人から言われた言葉で、一番印象深かったものは、お母様である矢野顕子さんに言われた言葉だそうですね。

坂本:はい。20代後半くらいには、1年に1枚のペースでアルバムを作らせていただいていたのですが、30代を目前にした29歳の最後ぐらいに、次のアルバムでやりたいことやコンセプトが、まったく思い浮かばなかったんですね。

川島:それまでは、表現したいものが出てきていたのに?

坂本:そう。次から次へと。だけど、モチベーションがスッと消えてしまったんです。「自分の歌は人の役に立っていないのではないか……」って思うようになってしまったんですね。「このままCDを出し続けていても、何になるんだろう……」っていう葛藤があって。

もっと直接的に人の助けになるような、たとえば介護だったり、おいしいコーヒーを作ったりするような仕事をしたほうがいいのかな、って思っていました。

川島:それってつまり、歌手を諦める段階までいったってことですか?

坂本:そうですね。たぶん、ずっと歌うであろうけれど、レコーディングアーティストとしてこのまましがみつくのは申し訳ないんじゃないか、って思ったんです。

川島:表現したいものがないってなると、そう思ってしまいますよね。それからどうしたんですか?

坂本:クリスマスだったかな?(現在、ニューヨークで暮らしている)母が、たまたま来日していて。ホテルのロビーでお茶をしたときに、意を決して相談したんです。それまで1回もアドバイスを求めたことはなかったし、個人的な気持ちをほとんど話さなかったんですけど、「今、作りたいものがないんだよね。歌いたいことがなくてさ」ということをポロっと言ってみたんです。そうしたら、「辞めたら?」って言われたんですよ(笑)。

川島:「相談に乗るよ」とかもなく、すぐにそれを言われたんですか?

坂本:すぐ!

川島:ショックでした?

坂本:うん。「ええー!?」って感じです。てっきり、そこから深い親子の会話が始まるものだと思っていたので(笑)。

川島:例えば、「私もそんな時期があったよ」「でも頑張りな」みたいなことを言われると思ったのに、それが「辞めたら?」だったと。

坂本:はい。崖から突き落とされたような気持ちでした。

川島:(笑)。スパッと気持ちいいぐらいの返事ですよね。

坂本:そう。「あなた何のために(歌手を)やっているの?」って質問がきて。当時、「本当はこういうものを作りたかった」みたいなことを細かく話したとは思うんですけど、彼女からしたら、きっと幼稚だったんでしょうね。「人の役に立つとか、人を幸せにしたいとか、そういうことではないわけ?」って言われて、「ああ……」と。

今までは自分が作りたいものを作ってきたけども、人を鼓舞するような目的を持ったアルバム制作はしてこなかったかもしれないと。あとになって考えたんですね。それで、「最後にもう1枚、人を鼓舞するようなアルバムを作ろう」って思ったんです。

川島:自分が主役ではないアルバムを最後に作ってみようと。

坂本:「それができなかったら(歌手)を辞めよう」と思って作ったのが『PHANTOM girl』というアルバムです。当時、「Myspace」(プロ・アマ問わず自分の楽曲を公開できるソーシャルネットワークサービス)っていうのが流行っていて、そこでニューヨーク在住のトラックメーカーのデイブ・リアンさんを見つけたんです。かっこいい音楽を作る方だったので、「私は日本のシンガーなんですけども、一緒に曲を作りませんか?」ってお願いをして。

川島:へええ!

坂本:それがすごくいいご縁になりました。楽しいアルバムを作れたし、当時のレコード会社の人たちもいいと思ってくれたようで、彼とはそこから三部作を作ることになりました。

川島:縁ですねえ。

◆全曲ノンストップの生演奏を録音したニューアルバム

川島:5年ぶりとなるニューアルバム『birds fly』を、10月20日(水)に発売されました。どういったアルバムですか?

坂本:ピアニストの平井真美子さんと一緒に作ったEPで、6曲収録されています。チェリストの徳澤青弦(とくざわ・せいげん)さんを迎え、スタジオではなく、東京・池袋にある(重要文化財)自由学園明日館でレコーディングをおこないました。3人で「いっせーのせ」で演奏をして、それをレコーディングしたんです。



川島:ええっ!?

坂本:昔のミュージシャンがやっていた室内楽ですね。生の空間の響きとか、息を合わせるような瞬間とか、そういうものを全部封じ込めたいと思ったんです。朝から晩まで1日中録って、6曲レコーディングしました。

川島:1日で全曲収録ですか? 別日はナシ?

坂本:そうなんですよ。

川島:すごいことですよ! 6曲でしょ?

坂本:はい(笑)。6曲を「いっせーのせ」で止めずにやる、っていうのを納得いくまで続けました。そして、その過程を映像に残してもらいまして。生演奏を録音チーム、映像チームでわけましたね。

川島:録るほうも大変ですね。

坂本:そうなんです。大きなカメラが動くたびに、床がちょっとミシッと鳴ったりしましたね(笑)。

川島:それはそうでしょう。しかも咳払いもできないですし。

坂本:よく聴くと、床の音が1ヵ所と、外から聞こえてくる鳥の声が入っていたりします。

川島:その瞬間にしか出せない音が入ったと。かなり挑戦したアルバムになりましたね。

坂本:そうですね。

??毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回11月27日(土)のお客様は、アコースティックギターバンド・BEGINの上地等さんです。

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)