マキシマム ザ ホルモン ラジオで大暴れ! 曲もかけられない!?

マキシマム ザ ホルモン ラジオで大暴れ! 曲もかけられない!?

マキシマム ザ ホルモン ラジオで大暴れ! 曲もかけられない!?

マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん、上ちゃん、ナヲさんが、12月13日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、11月28日に発刊した新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』の感想を伝え、収録曲の話をする準備をしていましたが、3人にかかるとそうはいかなかったようです。



番組冒頭から上ちゃんしか着席しておらず、ダイスケはんとナヲさんの「トイレに行っていた」「THE BAWDIESに会って挨拶してた」「スタッフがのんびりしてた」という様々な角度の理由に、最初から戦々恐々のとーやま校長とあしざわ教頭。その後も2人の勢いに押され思うように進行ができないとーやま校長は、なかなかホルモンの曲もかけられない状態に、「22時47分になったら強制的に曲を流す!」と宣言。「どういうことだ!?」「ラジオ番組というのは曲を流すものでしょ!!」と、またしても2人の独壇場になりそうなところを「それはこっちのセリフだ!」と応戦。実際、この時間が来ると2人の声がフェイドアウトされ、「maximum the hormone II〜これからの麺カタコッテリの話をしよう〜」がオンエアされるという展開も。ですが、新作についての感想はしっかり伝えられました。

――新作『これからの麺カタコッテリの話をしよう』は書店で発売!

とーやま校長:マンガ+CDが付いているんですよね。

ダイスケはん:そうです! 書店に並んでいるんですよ。

あしざわ教頭:俺、パッケージもめっちゃ好きで! 全く同じ形に戻しましたからね。ちゃんと綺麗に戻したくなる!

ナヲ:ありがとうございます!

とーやま校長:俺、このマンガ読んで、普通に声を出して何か所も笑っちゃって。なぜなら、俺39歳なんですよ。

ダイスケはん:どんぴしゃだ!

とーやま校長:子供の頃とか小さいときに楽しかったものって、めちゃくちゃ大事なんだなって思って。今、聴いてくれている10代のみんなにも、好きなものがあるわけじゃないですか。それがいつか大人になったとき、自分の作るものに投影されたりすると思うから、今好きなものをもっと好きになってほしいな、ってマンガを読んで思いました!

ダイスケはん:熱いっすね〜!

ナヲ:それ、私がさっき言ったことじゃん?

とーやま校長:一字一句、全く同じことを言ってた!

あしざわ教頭:否定して!(笑)。


通常通りの放送をさせず、終始笑いっぱなしの2時間となった今回のSCHOOL OF LOCK!。ですがホルモンの3人は、リスナーの「テストの結果が悪かった」「(バンドのコピーをしているが)演奏しながら歌えない」という相談には正面から向き合い、ファンへの優しさも見せていました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年12月21日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長、あしざわ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)