丸山茂樹×プロサーファー・田岡なつみ、「東京オリンピック開会式で一緒に!」

丸山茂樹とプロサーファー田岡なつみがラジオ番組で対談 東京五輪の意気込み語る

記事まとめ

  • 丸山茂樹の「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」が放送
  • プロサーファー田岡なつみが登場し、2020年東京五輪に向けての意気込みを語った
  • 田岡は「やっと世間の人たちにサーフィンがスポーツとして認められた」と語った

丸山茂樹×プロサーファー・田岡なつみ、「東京オリンピック開会式で一緒に!」

丸山茂樹×プロサーファー・田岡なつみ、「東京オリンピック開会式で一緒に!」

丸山茂樹×プロサーファー・田岡なつみ、「東京オリンピック開会式で一緒に!」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。12月9日(日)の放送は、前回に引き続き、プロサーファーの田岡なつみさんが登場。2020年東京オリンピックに向けての意気込みなど、いろいろと話を伺いました。

プロサーファーの田岡なつみさん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆駆け引きも魅力の競技・サーフィン

丸山:田岡さんの得意技はなんですか?

田岡:ボードの先端に片足の指5本をかける「ハングファイブ」という技です。

丸山:そうすると、ボードの先が沈まないんですか?

田岡:ロングボードは先端に乗っても、後ろの板のところに波がかぶるので、沈まないんです。タイミングとかは難しいんですけど。

丸山:例えば、1番から10番までの人はスゴくいい波がきたのに、10番以降の人は全然波がなかったという場合、どのように競技を成立させるんですか?

田岡:1ヒート4人で戦うんですけど、4人中2人がアップしていてトーナメント戦なので、自分のヒートで波が小さくても相手も同じ環境なので。
(ヒート・・・サーフィンコンテストの試合の組み合わせ)

丸山:マッチプレーなんだ!?

田岡:そうです。大体20〜30分くらい試合がおこなわれるんですけど。

丸山:でも2人同時には波に乗らないんですよね?

田岡:はい。優先権があるので、4人のなかでのプライオリティが決まっていて。結構、波に乗るフリをして乗らないとか、海のなかで駆け引きがあったりするんです。

丸山:えっ、どういうことですか?

田岡:プライオリティは、パドルをして波に乗ろうとするとその人の優先順位が変わってしまうんです。もし波に乗れなくても変わってしまうので、相手選手に乗らせたくないと思ったときに、自分も乗りたくないけど乗るフリをするみたいな感じでギリギリのラインでの駆け引きがあって。

丸山:それ、めちゃめちゃ悪い奴じゃないですか(笑)。結構、頭を使わないといけないんですね。

田岡:外国人選手はいろんな手を使ってきます。

◆プロと言えども過酷なサーファー界

丸山:世界ランキング1位になってもらわないと。ちなみに、いやらしい話ですけど、1試合の賞金額ってどのくらいなんですか?

田岡:それが、スゴくスゴくスゴく少ないんです(苦笑)。

丸山:日本ランキング1位になっても少ない?

田岡:ロングボード女子は優勝賞金が8万円なんです。

丸山:えっ!? 本当ですか? じゃあ、ボードに(スポンサーの)ステッカーをたくさん貼るしかないと。

田岡:そうですね。

丸山:海外の選手は、スゴくいい洋服メーカーとか契約金をもらっていたりして、(日本の選手も)そこにいかなきゃいけないということですね。

田岡:はい。

丸山:プロサーファーと言えども大変なんですね。

田岡:サーフィン1本だけという人はひと握りだと思います。

丸山:田岡さんは?

田岡:私は2年前からマイナビに就職して、週の半分は働きながらサーフィンをやらせてもらっています。

丸山:ひと際目立って肌が黒いんでしょうね。

田岡:そうなんです。本当にスーツが似合わなくて(笑)。

◆オリンピックで「感動するようなライディングを見せたい」

丸山:2020年東京オリンピックでは、サーフィンも競技がありますよね?

田岡:そうですね。やっと世間の人たちにサーフィンがスポーツとして認められたんだなって。

丸山:日本代表になる選考は気合いを入れていかないとですね。

田岡:去年、そのためにショートボードのプロになりました。

丸山:(ロングボードと違って)ショートはまだまだだから、がんばらなきゃいけないんですね。何で先にショートをやっておかなかったんですか?

田岡:今、本当にそれを思っていて(苦笑)。サーフィンがオリンピックの正式種目に決まって、スゴくうれしかったんですけど、「どうしてショートボードだけなの?」って。

丸山:ロングボードをやっている人も世界中にいるわけでしょ。それは酷いなぁ。ゴルフで言うところの「何で個人だけで、団体はないんだ?」っていうのと一緒だね(笑)。ぜひ、東京オリンピックの開会式で一緒に。

田岡:素敵ですね!

丸山:ぜひ、開会式でお会いできるように。負けず嫌いの田岡さんならショートボードで必ず代表になってくれると思うので、その気持ちと高いモチベーションを持ってがんばってください。

田岡:感動するようなライディングを見せたいです!

丸山:どんなところを見てほしいですか?

田岡:自然相手のスポーツでもあるので、いつ誰にいい波がくるのかわからないんです。スゴく上手い選手でもいい波がこなくて負けてしまうこともあって……その人が持っている引き寄せるような部分があったり、スピードやスタイルもみんな違うので、見比べるのも面白いと思います。

次回、12月16日(日)の放送は、プロゴルファーの松山英樹さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、番組では、丸山プロへの質問、ゴルフに関する質問・相談を募集しています。随時番組でお答えしていく予定ですので、メッセージフォームからどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30〜7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram:@sundaybacknine_tfm/

関連記事(外部サイト)