「突然化ける選手がいる」田村響華が“競輪ルーキーシリーズ2022”の見どころを紹介!

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。毎週月曜日18:40頃からのコーナー「スカロケ競輪部」では、競輪部・マネージャーの田村響華(たむら・きょうか)さんに、初心者でもわかる競輪の魅力について教えていただきます。

4月11日(月)の放送では、「平塚競輪開設72周年記念 湘南ダービーGV」の振り返りや、これから開催されるレースの情報をたっぷりお届けしました!


(手前から時計回りに)田村響華さん、マンボウやしろ、浜崎美保


まずは、4月7日(木)〜4月10日(日)に開催された「平塚競輪開設72周年記念 湘南ダービーGV」の振り返りから。田村さんは「やはり、S級S班の選手の力が目立ったレースだった」と率直な感想を語ります。

優勝した佐藤慎太郎(さとう・しんたろう)選手については、「45歳のベテラン選手で、『KEIRINグランプリ2021』では“福島の筋肉オヤジ”と紹介されるぐらい筋肉がモリモリの選手(笑)」とプチ情報を挟みつつ、「レース展開もベテランらしい風格でした」と称えます。

ちなみに、前回このコーナーにゲスト出演し、本レースに懸ける意気込みを語ってくれた、地元・神奈川県出身の和田真久留(わだ・まくる)選手は、決勝に駒を進めるも4着という結果でした。

そして、田村さんが注目しているというビッグレース「川崎競輪開設73周年記念 桜花賞・海老澤清杯」が、4月14日(木)〜4月17日(日)に川崎競輪場にて開催されます。

このレースについて、「S級S班の選手が5人出場するかなり豪華なレース。今回のレースもS級S班の選手の力が目立つんじゃないか」と予想しつつ、注目選手として挙げたのは地元・神奈川県出身の郡司浩平(ぐんじ・こうへい)選手。「川崎がホームバンクなので、湘南ダービーで結果を残せなかったぶん、リベンジをしてくれるのではないか。地元で優勝してほしい」と期待を寄せます。

さらに、2022年3月に日本競輪選手養成所を卒業した新人選手たちをイチ早く知ってもらうことを目的とした「競輪ルーキーシリーズ2022」が、4月から6月にかけて、松戸競輪場(4月30日(土)〜5月2日(月)ナイター開催)、松山競輪場(5月7日(土)〜5月9日(月)ナイター開催)、四日市競輪場(5月27日(金)〜29日(日)ナイター開催)、大宮競輪場(6月11日(土)〜6月13日(月)昼間開催)にて実施されます。

田村さんが“期待のイチ押しルーキー”として挙げたのは、4月5日(火)に日本競輪選手養成所でおこなわれた「第121回生・第122回生卒業記念レース」で優勝した、ガールズの畠山ひすい(はたけやま・ひすい)選手。その走りっぷりに、「(新人選手たちなので)レース展開は、自分から積極的な動きができていない選手が多かったなか、畠山選手はかなり積極的な動きをして自分から展開をつくっていたので、デビューしてからもいい選手になるんじゃないかと思いました」と印象を語ります。

改めて「ルーキーシリーズは、(互いに)戦術や戦法を知り尽くした同期対決が見どころで、なかには(このシリーズで)突然化ける選手がいるので、継続して追いかけると絶対に面白いと思います。ぜひ注目してほしい!」と力説していました。



競輪について“もっと詳しく知りたい!”という方は、ぜひ「けいりんマルシェ」をチェックしてみてください。なお、競輪・オートレースの売上の一部は、機械工業の振興や社会福祉等に役立てられています。

「スカロケ競輪部」は、TOKYO FMの音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でも楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

次回4月18日(月)の「スカロケ競輪部」も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月19日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月〜木曜17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

関連記事(外部サイト)