満島ひかり、木村拓哉との撮影で「アドレナリンがすごくなっちゃって…」ドラマ「未来への10カウント」共演を語る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。4月のマンスリーゲストは、4月14日(木)からスタートする木村主演のドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で共演している女優の満島ひかりさん。4月10日(日)の放送では、ドラマの撮影現場での印象などについてトークを交わしました。



◆満島ひかり、12年ぶりの木村との共演で…
木村と満島さんが共演するのは、2010年に放送されたドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」(フジテレビ系)以来。

久々の共演となるドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)で木村が演じるのは、高校時代にボクシングで4冠を達成した後、30年近くのときを経て、母校・松葉台高校ボクシング部のコーチに就任する主人公・桐沢祥吾(きりさわ・しょうご)。満島さんは、同校の国語(古文)教諭でボクシング部顧問の折原葵(おりはら・あおい)を演じています。

満島さんは「いいんですか?(木村さんのラジオに)出ちゃって(笑)」と謙遜しつつも、「ラジオ、すごく好きなんですよ」と笑顔をのぞかせます。

和気あいあいとした雰囲気のなか、木村は「撮影中は各々の役として演らせていただいていますけど、今、はっきり聞いてしまおうかな」と切り出し、「僕は(撮影)現場で大丈夫ですか? この際だから『ここはこうしてくれない?』ってことはないですか?」と質問を投げかけます。

これに満島さんは「大丈夫です(笑)」と即答。「木村さんと一緒の現場ってみんなそうだと思うんですけど、やっぱり最初の5日間ぐらいはずっとファンタジーで。木村さんは、木村さんとして(普通に)生きてきているけど、私たちからしたら『うわっ! 木村さんだ!』って、どうしても思っちゃうから」と打ち明けます。

そんな状況に慣れるまでは緊張しきりだったようで、「最初の5日間ぐらい本当にアドレナリンがすごくなっちゃって……撮影後に友達を誘って、夜の公園に散歩に行ったり、ジムに行ってサーキットトレーニングをしたり。最初の頃は、そうしないと気が収まらない感じはありました」と満島さん。それも今では落ち着き、「現場、想像以上に木村さんがとってもラフでいいです」と話します。

それを聞いた木村は、「今回の役は、そういう感じなのかなぁ……ていうか、自分はそういうスタンス、間合いで現場にいてもいいのかなぁと思って。今回はああいう(ラフな)感じに」と思いを語ります。

木村いわく、演じる役によって現場でのスタンスが異なるようで「(ドラマ「教場」シリーズ(フジテレビ系)で)警察学校の教官を演っているときは、(現場で)仲はいいんですけど、会話の内容が全然違いますね」とコメント。

あらためて、満島さんが「木村さんのパーソナルにはすごくいろいろな面があると思いますけど、(今回のドラマの役は)とっても合っている役に見えます」と印象を語ると、「本当ですか? うれしいですね」と喜ぶ木村でした。

次回4月17日(日)の放送も、引き続き満島さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月18日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)