亀田誠治が近年力を注ぐ「日比谷音楽祭」無料で音楽フェスを開催する狙いとは?

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。4月13日(水)の放送では、音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治さんを迎えて、お送りしました。


(左から)パーソナリティの山崎怜奈、亀田誠治さん



東京事変のメンバーとしても活躍する亀田さんに、まずは近況を伺ってみると「春の亀は浮かれて“ひなたぼっこ”」と陽気に語ります。なんでもひなたぼっこが大好きで、ひなたぼっこをするとスッキリするそう。

最近、太陽を浴びるのが気持ちいい陽気となり、「僕はそこらへんの公園で(ひなたぼっこを)していますから。公園で寝ているオッサンがいると思ったら、亀田誠治だと疑ったほうがいい(笑)」とおどけて言います。

そんな亀田さんは現在、J-WAVEで毎週月曜から木曜まで放送中の「SPRING VALLEY MY CRAFT TIME」のナビゲーターを担当。平日はほぼラジオに出演していますが「ラジオが大好きなんですよ」と話し、まったく苦ではない様子。

「声を通じて何が起きているのかを想像する。例えば今、僕と怜奈さんがどういう感じでしゃべっているんだろうとか、どういう理由で曲を選んでいるんだろうとか、話す人、選ぶ人の気持ちが入っている」とその魅力を語ります。

子どもの頃からラジオっ子で、とりわけ受験勉強時はラジオに支えられ、「ラジオがあったから頑張れた」という亀田さんの溢れる“ラジオ愛”に、れなちも共感しきり。

また、亀田さんの豊富な音楽知識もラジオで培われたものだそうで、その膨大な知識をもとにラジオで選曲する際に心掛けているのは「聴く人のそのときのムードにどれだけ寄り添えるか」というのもありつつ、最終的には「自分が今一番かけたい曲をかける」のが亀田流。そこで、今ならどんな曲をかけるのか、れなちが聞いてみると、最近一番好きな曲だというジャスティン・ビーバーの「Stay」を挙げ、「めっちゃ響く」と絶賛します。

そして、6月4日(土)、5日(日)には、今、亀田さんが注力している「日比谷音楽祭2022」が開催されます。そもそもこのフェスは、親子で楽しめることに加えて、音楽の素晴らしさを知ってもらいたいとの思いで、2019年に開始。今年はDREAMS COME TRUEをはじめ、藤井フミヤさん、EXILE SHOKICHIさん、ピアニストの角野隼斗さんなどが出演します。

しかも、なんと当日は入場無料。そこには「心に届く音楽を聴いて、無料で体験してもらって、そこから楽器を始めてみようとか、コンサートに行ってみようとか、音源を買ってみようとか、そういうふうに広がってほしいし、そこからお金を使ってほしい」という思いがあると言い、「きっかけってすごく大事だと思っていて、それを作るのが『日比谷音楽祭』でもありたい」とも。

また、当日の会場では、楽器演奏が体験できる広場が設けられているほか、さまざまなワークショップも催され、音楽に触れ合うきっかけが盛りだくさん。さらに、クラウドファンディングも実施され、そこには亀田さんと一緒にレコーディングスタジオを見学する権利などがあり、それを聞いたれなちからは、思わず「いいな〜」と声が漏れます。

最後に亀田さんは「ここ数年、生の音楽に触れる機会がなかったと思うので、今年はできるだけ生で届けることに挑戦したい。でも、生で体感するのが難しい人もいると思うので、そういう人たちのためにもオンラインでも配信します。トップチームがめちゃくちゃいい音で届けますから!」と日比谷音楽祭に向けて自信たっぷりに語っていました。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年4月21日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連記事(外部サイト)