INI藤牧京介&田島将吾、以前に聞いた話を「初めて聞いたふり」しないための「会話テクニック」を考える

グローバルボーイズグループ・INIがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「From INI」。毎週金曜深夜の2時間、INIの“今”をダイレクトに届けます。4月1日(金)の放送では、藤牧京介と田島将吾が、以前に聞いた話を“初めて聞いたふり”をしてしまう状況や対処法を考えました。


(左から)藤牧京介、田島将吾


INIは、サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生した11人組です。今回は、前半の25時台に尾崎匠海、許豊凡、塚大夢が、後半の26時台に藤牧京介、田島将吾の計5人が登場しました。

今回のテーマは、『私のついたちょっとしたウソ』です。後半パートでは、『初めて聞いたふりをする』というリスナーのメッセージに田島が共感。藤牧は自身の回避策を紹介しました。

<リスナーのメッセージ>
私のちょっとしたウソは、「初めて聞いたふり」をすることです。新しいバイト先でいろんな先輩が代わる代わる教えてくれるため、同じことを2回習うことがありました。「これ聞いた?」と聞かれても、親切に教えてもらっている手前、「聞いた」とはなかなか言えません。

◆「初めて聞いたふり」をする?

田島:俺、めちゃくちゃわかる!

藤牧:どういう場面で?

田島:(リスナーのような)こういう状況でもそうだし。相手が楽しそうに「これ知ってる?」って言ってきたときに、相手のことを考えてというよりは、自然に「知らないわ」って言っちゃうんだよな(笑)。

藤牧:俺、そういうときは……言ってきたらすぐに「あ、あれね! 前に言っていたやつね!」と言って(知っているんだとわかってもらった上で)、そのまま楽しい感じで話してもらう(笑)。

田島:それうまいな。でも俺は……シラを切っちゃうんだよな(笑)。

藤牧:それはヤダな〜、ちょっと怖い!

田島:相手からしたらね(笑)。

――「聞いたふり」をさせない話し方も!

藤牧:俺は、そういう場合に「話したっけなぁ?」って言っちゃうかも。そういう前置きをしているかも。

田島:あー! 京ちゃんから聞くかも。

藤牧:そうしたら、相手が「聞いたことある」って言えるから。

田島:うまいなぁ。今回の解決方法ですね。

藤牧:でも(リスナーは)聞く側だから!

田島:そうか(笑)。

――適材適所の答え方を!

藤牧:まぁでも、悪いことではないから。ちょっと気まずいと思ったら……その人が話し始めたタイミングで、いい感じのテンションで「あー! 前に話してくれたやつですね……!」って。職場の人なら「○○さんがおっしゃっていました」とか。

田島:でも、職場だと言いづらいかもね。目上の人だしね。

藤牧:たしかに。職場だったら、何回も(あえて)聞いてみましょうか。再確認できますしね。友達の場合は、こういう感じで言ってみてください!



番組初のオンラインライブイベント「JFN EARTHDAY SPECIAL TO THE FUTURE From INI」が4月17日(日)17:00より開催されます。ゲストに「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」のオーディション時にラップトレーナーをつとめたKEN THE 390さんを迎えます。メンバーの西洸人、田島将吾、池ア理人とのコラボステージも決定しています。

この日の放送では、前半パートに出演したメンバーから、追加ゲストとしてBE:FIRSTの出演も発表。尾崎は「同じ時期にデビューして一緒に何かやりたいと思っていたんですけど、ライブができることになって嬉しいです」と話していました。イベントの詳細は、特設サイト(https://www.tfm.co.jp/earthday/2022/)をご確認ください。

また、このイベントが「アースデイ(Earth Day)」(“地球環境について考えて行動する日”として設定された記念日)の一環であることから、新コーナー「FUTURE SESSION with INI」が始まりました。メンバーが「今地球が抱える問題」について学んでいます。



この放送の「聴き逃し配信」は、 TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディ)」でも聴くことができます。

次回の放送は、4月22日(金)です。

<番組概要>
番組名:From INI
放送日時:毎週金曜25:00〜27:00
パーソナリティ:INI
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/59121

関連記事(外部サイト)