麒麟・川島明「カジヒデキさんは、私の青春」ラジオ番組「土曜日のエウレカ」で対談


パーソナリティをつとめる麒麟・川島明


お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

今回の放送のお客様は、シンガーソングライターのカジヒデキさん。4月13日(水)に新曲「APRIL FOOL」を配信リリースし、セカンドアルバム『TEA』の初アナログ盤を5月18日(水)にリリースしたカジさんに、大ファンを公言する川島が迫りました。


カジヒデキさん


1967年生まれ、千葉県出身のカジヒデキさん。1986年、ゴシック・ロックバンド・Neurotic Doll(ニウロティック・ドール)にベーシストとして加入し、本格的に音楽活動をスタート。1987年にフリッパーズ・ギターの前身バンド、ロリポップ・ソニックのライブを観て影響を受け、Neurotic Dollを脱退。1989年にネオアコースティック・バンド、BRIDGEを結成。バンド解散後、1996年に“カジヒデキ”名義でソロデビューし、「ラ・ブーム〜だってMY BOOM IS ME〜」など数々の名曲を生み出し、90年代後半の渋谷系を牽引。2008年には映画「デトロイト・メタル・シティ」の音楽を担当し、主題歌「甘い恋人」がヒット。2012年3月に自身のレーベル「BLUE BOYS CLUB」を立ち上げ、コンスタントにアルバムを発表しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」4月30日(土)放送ゲスト:カジヒデキさん


◆川島が青春時代に憧れたカジヒデキ

川島:カジヒデキさん、私の青春でございます。

カジ:川島さんとは「コヤブソニック」(※小籔千豊さんプロデュースの音楽フェスティバル)で何度かお会いしたことがありますよね。川島さんがお若いときにお話した記憶があります。

川島:僕は中学・高校と渋谷系にハマりまして、カジヒデキさんのシングルとアルバムは、もちろんすべて買いました。ヘビーローテーションでずっと聴いていましたね。もともと小藪さんと僕は音楽の趣味がめちゃくちゃ被っているんですよ。

カジ:そうなんですね。

川島:フリッパーズ・ギターさんが好きで、それからオザケン(小沢健二)さん、コーネリアスさん、カヒミ・カリィさんと聴いていって、そのなかでカジヒデキさんがバーンと登場して、シーンを席巻して……。

カジ:小藪さんも川島さんも素晴らしいですね! 僕も(好きなアーティストが)一緒ですよ。ありがとうございます。

川島:オザケンさんがスチャダラパーさんと「今夜はブギー・バック」を出されてから、「ラップもすごいんだ」ってことに気付いて、TOKYO No.1 SOUL SETさんとか脱線3さんとかの音楽も聴くようになりました。

カジ:すごい。いいですねえ。

川島:こうやってカジさんと話せていることもすごいんですけども。カジさんとは何度か共演させていただいていますけども、1対1でお話させていただく機会はあまりなかったですよね。

カジ:こうしてお話できてすごく嬉しいです。

川島:カジさんは渋谷系を盛り上げた当事者の1人だと思いますが、当時は周りのみなさんも仲がいい感じだったのでしょうか?

カジ:そうですね。自分ももともとはみなさんのファンでもあったし、そこから仲良くなっていきました。でも、ある時期からみんな忙しくなってしまってね。

川島:そうですよね。みんなが一気にブレイクする形になりましたもんね。


??毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回5月21日(土)のお客様は、シンガーソングライターの岡崎体育さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)