江原啓之「『楽をしたい』と思っていることは、必ずマイナスとして返ってくる」

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。5月15日(日)の放送では、リスナーから届いた「会社・職場の悩み」を紹介しました。

江原啓之



◆どれだけ仕事をしても給料が上がらない…
私は公務員の医療職をしている女性です。仕事をおこなう上で、悩みがあります。公務員のため、どれだけ仕事をしても給料が上がる訳ではないからか、職場では仕事を押し付け合う場面が多々あります。確かに仕事を何でも引き受ける上司がいたときは残業続きでしたし、仕事がどんどん膨れ上がって大変な思いをしました。

上司が代わり、ほとんど余計な仕事を受けないときは仕事がとても楽でした。しかし、どちらの部署がおこなってもいいような仕事を押し付け合うたびに、少し嫌な気分になってしまいます。そこで質問なのですが、仕事の押し付け合いは、どうすればなくなると思われますか? 仕事に応じた報酬があれば進んで引き受ける人も出てくるのでしょうが、給与が変わらない場合には何か良い方法はあるのでしょうか?

◆江原からの“ことば”
あなたの場合は、公務員の医療職なんですよね。ということは、税金でお給料をいただいているのかな? 人間というのは“小我”といって、自分が楽なのが一番いいですから、人になすりつけてでも楽をしたいというのは当然のことだと思うんです。けれど“大我”といって、「そうはいっても、自分はみなさんの血税をもらって(をいただいて)働いているわけだし……」「役に立っていることだから……」などと思うことがあって、士気が高い職場なら、今のような問題は起きないと思うんです。

そしてもう1つ。スピリチュアルなことを忘れてはいけない。押し付けられたほうは“損だ”と思うかもしれませんが、現代人に欠けていることはここなんです。これを“徳を積む”というんです。相手は楽をしているように見えて、自分ばかりやらされていると思うけれど、徳を積んでいる。逃げたり、楽をしたいと思っていることは、必ずマイナスとして返ってくるもの。

「やっていられない!」と自分も同じようにしたら、同じになってしまう。やるなら居酒屋さんのように「喜んで!」という掛け声が必要(笑)。そういう奉仕の気持ちがあれば、徳として返ってきて、必ず自分にプラスになりますよ。そう思っているのが一番ですね。「どうせするなら楽しく!」です。

◆江原啓之 今宵の格言
「仕事のために生きていますか? 生きるために仕事をしていますか?」
「すべては人生の充実のためなのです」

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月23日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)