藤本美貴、アイドル時代と現在の“メイクの違い”は?「いい意味で“こだわりがなくなった”」

女優・すみれと、双子タレント・広海が美のスペシャリストをゲストに招いて「わたしをHAPPYにする美容」をテーマに、ビューティートークを展開するTOKYO FMの番組「KOS? Find My Beauty powered by @cosme TOKYO」。東京・原宿にある日本最大級のコスメ・美容のテーマパーク「@cosme TOKYO」のスタジオから、ゲストのメソッドやルーティン、最新の美容トレンドなどを発信します。

4月24日(日)〜5月8日(日)の3週にわたり、藤本美貴さんがゲストに登場! 今回は、5月1日(日)の放送内容を紹介。アイドル時代と現在の“メイクのこだわり方”について伺いました。(すみれが産休中のため、今週は、広海とともに広海の双子の兄弟・深海がMCを務めました)


藤本美貴さん


◆アイドル時代は“バッキバキ”

広海:アラフォーになって、メイクは変わりましたか?

藤本:変わったと思いますねー。 若いときとか、アイドル時代って、やっぱり自分自身で正面から見た顔へのこだわりってすごかったんですよね。

前髪とかも“ヘアメイクさんにも触らせません!”みたいなメンバーも本当にいましたし(笑)。

広海・深海:えっ!?

藤本:いたいた。“私、これで決まっているので”みたいな(笑)。

深海:うわっ、すごい(笑)!

藤本:でも、私もアラフォーになって、子どもも生まれて時間もなくバタバタしているなかで、いい意味で“こだわりがなくなった”ってきて、それが良かったなって思ってるかも。

深海:こだわりは若い頃のほうが強かったんですね。

藤本:かなり強かったですね。“アイラインは、こうやって引かなきゃいけない”とか。

広海:面白いですね!(自分のなかでの)ルール、みたいなものですよね。

藤本:うん。でも、今はいい意味でそれがないから、初めてのメイクさんにお願いしたときも“あ、こんな自分もいるんだ”って新鮮に思えますね。

広海:お子さんが生まれて“こだわりがなくなった”というよりも、すべてを許容できるようになった、のかもしれないね。

藤本:そうかもしれない。ガチガチに固まった自分ではなくて、“最低限の基本の私”のラインに、“今日はちょっとプラスでこんなことをしてみました”みたいなのがOKになりました。

広海:ちなみに、こだわっていた時代は、どこに特にこだわっていたんですか?

藤本:前髪もそうだし、眉毛もメイクさんがちょっと引いたのが気に入らないと、それを消して、自分で描いたりもしていました(笑)。

広海:すごいトガッてる(笑)。

藤本:トガッてましたよ(笑)! もうバッキバキだったから(笑)。

広海・深海:バッキバキって言い方がすごいわ(笑)。

3人:ハハハハ(笑)!


(左から)広海、藤本美貴さん、深海


広海:アラフォーになって、自分の変化を受け入れられるようになったミキティさんですが、旦那さんは、そういう変化に気づいてくれたりするんですか?

藤本:気づいてくれますね。旦那さんは、私よりも私のことをミキティだと思っているから(笑)。だから、すごく大事にしてくれて。「髪の毛切ったんだね」とか。「今日はこうだね」「今日はちょっと濃いよ」とかもすごく言ってくる(笑)。

深海:それ、ちょっと待って(笑)。私の嫉妬半分の感想ですけど、それって、毎回言ってきて、ちょっとウザかったりしないの?

藤本:そう思うときもある(笑)。私、すごく虫に刺されやすいんだけど、普通に短パン履いたときに虫刺されの跡とかがあると、「美貴ちゃんさ、やっぱり跡は消したほうがいいよ」って言ってくるぐらいだから(笑)。

広海:え、仕事じゃなくてプライベートのときも?

藤本:そう(笑)。コンシーラーとか塗ってって(笑)。

広海:虫刺されの跡もコンシーラーで消す、って意識高いわね(笑)!

藤本:そうなの(笑)。「やっぱり、ミキティなんだからさ」みたいな(笑)。

3人:ハハハハ(笑)!

深海:でも、そういうのも、夫婦円満の秘訣かもしれないですね。

藤本:たしかに。いいコミュニケーションかも!


藤本美貴さん



<番組概要>
番組名:KOS? Find My Beauty powered by @cosme TOKYO
放送日時:毎週日曜 9:00〜9:30am
パーソナリティ:すみれ、広海
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/findmybeauty/

関連記事(外部サイト)