サーモンピンクという色名もある“サケ” 赤身魚? 白身魚? それとも青魚?

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。6月20日(月)の放送は、「誰かに話したくなる色クイズ」を実施。今回は“サケ”に関する3択クイズを出題しました。


期間限定のコーナー「誰かに話したくなる色のはなし supported by 色彩検定協会」。このコーナーでは「新しいことにチャレンジしたい!」「仕事やプライベートにも活かせる資格を取りたい!」など新たな一歩を踏み出したいリスナーを代表し、ダレハナスタッフが「色彩検定3級」に挑戦中。

6月26日(日)の夏期検定に向け、毎週スタッフの進捗をお届けするとともに、色にまつわるクイズ「誰かに話したくなる色クイズ」を出題していきます。

「色彩検定」とは累計160万人以上が受検している文部科学省後援の公的資格で、色の基礎から組み合わせ方、専門分野における利用の仕方など、色に関するさまざまな知識や理論の土台を身につけることができます。

ちなみに、受検者は学生が多いものの、最近はデザイナーや販売、企画、事務といった職種の方も増えているのだとか。

そして、この日の「誰かに話したくなる色クイズ」は、“サケ”に関する3択クイズを出題。

◆問題:世界中で愛されているサケ(鮭)。その切り身のようなやわらかい色合いは「サーモンピンク」と言われますが、サケは次のうちのどれに分類されるでしょうか?

1.赤身魚
2.白身魚
3.青魚

この問題にれなちは「小学校のときにクイズ番組で見た気がするんですけど、サケのピンク色は食べているエビやカニからきていると思うので……」と言い、2番の「白身魚」を選択。

◆正解は:2.白身魚

赤身魚や白身魚といった分類は、身の色を基準にしているわけではありません。サケは身の色が赤く見えるため赤身魚と思われがちですが、実は白身魚に分類されます。身の色が赤く見えるのは、エビやカニにも含まれるカロテノイド系色素のアスタキサンチンが含まれているため。

魚は筋肉中の色素のミオグロビンの含有量により「赤身」と「白身」に区分され、赤身の魚はマグロ、カツオ、サバなどの回遊魚に多く、こってりとした旨みがあるのが特徴。一方、白身魚はカレイ、ヒラメ、タイなどで、あっさりとした淡泊な味が特徴です。

サケの身が赤く見える理由まで言い当て、れなちは見事に大正解。ただ、サケの身の色がピンクになる理由に対し「カロテノイド系色素のアスタキサンチンを抜いたら、白くなるのかな?」と新たな疑問に頭を悩ませるれなちでした。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年6月28日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連記事(外部サイト)