麒麟・川島明のブレイクは、陣内智則がきっかけ!? 陣内「俺のおかげやと思てんねんけどな」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

6月18日(土)放送のお客様は、お笑いタレントの陣内智則さん。ここでは、2018年に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の企画「第6回 芸人ドラフト会議」を振り返りました。


陣内智則さん



1974年生まれ、兵庫県出身の陣内さん。1992年にNSC大阪校の11期生として入学します。1993年にお笑いコンビ・リミテッドでデビュー。1995年のコンビ解散後はピン芸人として活動。「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)や「エンタの神様」(日本テレビ系)など、ネタ番組に出演して全国的に人気を博します。「ABCお笑いグランプリ」「R-1グランプリ」では審査員をつとめ、バラエティ番組ではMCもこなす万能型のコント師です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:陣内智則さん


◆川島のブレイクを昔から予見していた!?

川島:陣内さんは僕のずっとお兄さん的存在ですね。

陣内:俺、川島は本当にいいタイミングで売れたなあって思う。とがっていた時期を見ているし、川島は一番誘いづらい後輩。

川島:そうですねえ。

陣内:あと、怒れない後輩。

川島:独特の世界を持っているから?

陣内:そう! イラつかせることも怒られるようなこともしていないんだけど、逆を言ったら誘いづらい。

川島:その気持ち、今僕がこのポジションになってわかりますよ。又吉(直樹)くんとかは誘いにくいというか。

陣内:わかるわかる。

川島:「怒ってないよ」って気を遣っちゃうというか、「あとでこのことをコラムに書かへん?」とか(笑)。

陣内:(笑)。川島って昔はとがっていたけど、丸みを得て、ものすごく熟した状態でバーンとハマったやんか。

川島:そうですね。みなさまと環境のおかげです。

陣内:俺のおかげやと思ってんねんけどな。

川島:ん? なんでですか?

陣内:「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「芸人ドラフト会議」って企画あるやんか? 俺、1位(に書いたの)は出川哲朗さんやったねん。でも2位は川島で、そのときはまだ全然テレビに出てないときよ。

川島:深夜のテレビにちょっと出ていたときね。

陣内:そうそう。俺はずっと2位に「川島」って書いてたねん。ほんまは1位に「川島」って書きたかったしね。

川島:嬉しい。

陣内:でも、俺にとって1位って書いてしまうことは「バレてしまう」っていうことだったの。わかる? この人がバレたら売れると。

川島:は〜!

陣内:なんか“動物の名前”の帯番組をやりおると思った。

川島:「ラヴィット!」(TBS系)をやるところまで見えた(笑)!?

陣内:そこまでは思わんかった。「モーニング・エレファント」みたいな(笑)。だから、俺を守るためにも1位はだめだと。でも、芸人っていうのは、やっぱり嗅覚がすごくて。その場にいる(おぎやはぎの)矢作さんとかが1位に「川島くん」って書くねん。そうなったら(ドラフト会議で)獲られてしまうんよね。だから俺は2位にも書けないのよ。

川島:ドラフトですからね。

陣内:テレビ的には、「陣内は川島のことを書いていない」ってなるのよ。だから矢作さんとか有吉さんの嗅覚がすごいって話になってんねん。「陣内さんはずっと出川さんやん」って話になってんねん。違うと。

川島:事実、そうですやん。1位に書いてくれないですし(笑)。「その株は俺も買おうとしてた」みたいな。

陣内:後出しやけどな(笑)。

川島:でも指名された回、めちゃくちゃ嬉しかったんですよ。テレビを観るまで指名されたかどうかわからないから。

??毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回7月2日(土)のお客様は、小泉今日子さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)