スノーボード女子ハーフパイプ・冨田せな、姉妹で支え合ってつかんだ銅メダル「なるべくポジティブな気持ちになれるように」

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「SPORTS BEAT supported by TOYOTA」。6月25日(土)の放送では、北京2022オリンピック・スノーボード女子ハーフパイプ銅メダリストの冨田せな(とみた・せな)選手をゲストに迎えて、お届けしました。


藤木直人、冨田せな選手、高見侑里



冨田選手は、1999年生まれ新潟県出身の22歳。3歳からスノーボードを始め、エアの安定感を武器に高校生にして平昌オリンピックに出場し、8位入賞。

今年1月に米・コロラドで開催された「X GAMES」では、スーパーパイプで初優勝。そして、北京オリンピックのスノーボード女子ハーフパイプでは、日本勢初となる銅メダルを獲得しました。

◆姉妹で支え合ってつかんだ銅メダル

藤木:今回の北京オリンピックで2度目の出場となりましたが、心境の変化はありましたか?

冨田:2回目ということもあって、大会自体はわりと落ち着いて楽しみながら滑ることができました。

藤木:北京オリンピックは、妹のるき選手も一緒に出場していたので、そのぶん前回よりもリラックスというか、いつもの雰囲気で臨めたのではないでしょうか?

冨田:選手村での生活も妹とずっと一緒だったので、いつも以上にリラックスしながら大会に挑めたんじゃないかなと思います。

藤木:今回の北京オリンピックの会場は、2019年に大怪我を負った同じ会場だったんですよね。そのときのことは、やっぱり思い出されたりしましたか?

冨田:そうですね。どういうふうに転んだとか、(転倒して)どうなったか、ということは記憶がちょっと飛んでしまっているので、今も思い出せないんですけど、やっぱり“ここでまた怪我をするんじゃないか”という不安はすごくありました。

藤木:2019年に大怪我をされて、そこから復帰される際は恐怖心も当然あったと思いますが、どうやって克服をされましたか?

冨田:やっぱり恐怖心はずっと残ったままで、今でも怖いんですけど、そういうときはコーチに正直に話します。後は、基礎部分の練習をすごくやってきて、1つの技ができなくなったら、ちょっとレベルを下げた似たような技を練習して、慣れてきたらまた元に戻して……というふうにずっと繰り返し練習していたので、“自信をつけてから練習する”ということを覚えて、そこからちょっとずつできるようになってきた感じです。

藤木:北京オリンピックは、決勝で1回目からわりと攻めた難しい技を披露されていましたよね?

冨田:そうですね。“決勝のときは、ルーティンを1本目から絶対にやる”と決めて北京入りしたので、そこは曲げずに。“悔いが残らないようにしたい”と思って、挑みました。

藤木:大会期間中は、るき選手とお互いにどんなことを話し合っていたのですか?

冨田:決勝は、るきが先で、その次に私が滑る順番だったんですけど、(るきが)最初の2本とも転んでしまって。最後の1本を滑る前に、るきのところに行って「次、決めようね」みたいな話をしました。4年に1度のオリンピックなので、なるべくポジティブな気持ちになれるように、お互いに声をかけながら大会に挑んでいました。

藤木:せな選手が銅メダルを獲得されて、妹さんも喜ばれたんじゃないですか?

冨田:そうですね。後でテレビかSNSで知ったんですけど、妹がインタビューを受けているときに私のメダルが決まったみたいで、インタビューを受けている途中なのに(私の銅メダルが決まった瞬間に)すごく喜んでいるシーンがあって、それを観て私もうれしかったですね。

藤木:そうやってお互いを支え合うことができた、ということもすごく印象的ですよね。

冨田:やっぱり、(近くに)家族が1人でもいるのといないのとではまったく違うので、コロナ禍だったけど、一緒に出場できてすごく良かったなと思います。

藤木:冨田選手の今後の目標を聞かせてください。

冨田:メダルを獲ったこともあって、スノーボードが今すごく盛り上がっているので、このままずっと盛り上がりが続いていくように、私なりに活動できたらいいなと思います。

次回7月2日(土)の放送は、漫画家の高橋陽一先生がオーナー兼代表を務めるなど話題のサッカークラブ・南葛SCの岩本義弘GMをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年7月3日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SPORTS BEAT supported by TOYOTA
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/

関連記事(外部サイト)