「悪い人」は芸能界からいなくなる…!? 陣内智則が「芸人の仕事」で大切にしていることとは?

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

6月18日(土)放送のお客様は、お笑いタレントの陣内智則さん。ここでは、これまでの人生で見つけた一番のエウレカ(発見・気付き)について語りました。


陣内智則さん


1974年生まれ、兵庫県出身の陣内さん。1992年にNSC大阪校の11期生として入学します。1993年にお笑いコンビ・リミテッドでデビュー。1995年のコンビ解散後はピン芸人として活動。「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)や「エンタの神様」(日本テレビ系)など、ネタ番組に出演して全国的に人気を博します。「ABCお笑いグランプリ」「R-1グランプリ」では審査員をつとめ、バラエティ番組ではMCもこなす万能型のコント師です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:陣内智則さん


◆“芸人の仕事”に必要なこととは?

川島:これまでの人生のなかで見つけた一番のエウレカ(発見・気付き)は何ですか?

陣内:難しいね。

川島:「これは大事にしている」みたいなことはありますか?

陣内:お笑い芸人っていっても人間やんか。やっぱり、悪いヤツって(業界に)残っていなくない?

川島:芸人もですけど、芸能界もですね。

陣内:根性がひん曲がって、ほんまに「悪」のヤツっておらんやんか?

川島:いなくなってしまったというか。めちゃくちゃなことを言ってくるディレクターさんとか、手柄を横取りする放送作家さんとかに対して、「今に見とけよ」と思ってテレビに出させてもらうようになったら、いなくなっていました。

陣内:そういう人っていなくなるよね。やっぱり、小学生の頃に言われたことがそのまま大事なんかなって。思いやりとかさ。

川島:そうですね。

陣内:「感謝」「思いやり」「人の立場になって考える」ってのが、一番なんかなって思ってきたよね。

川島:そうなっちゃうんですよね。

陣内:芸人って、思いやりがめっちゃあると思うねんな。誰かがスベっていたらツッコんであげたりとかね。

川島:変な仕事ですよね。(収録中に)ボロクソに言うて、涙を流して、「はい! OKです」がもらえたら「ありがとうございました! 兄さん助かりましたわ」って汗だくで言うじゃないですか?「なんなんこの仕事」って思いますよね(笑)。

陣内:(笑)。ああいうやりとりって思いやりなんやなって思うなあ。

川島:チームプレイですからね。

??毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

本日7月2日(土)のお客様は、小泉今日子さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)