「暑いのに寒気が止まらない」有吉が語る“熱中症”の恐ろしさとは? 後輩芸人が実践している“熱中症対策”も紹介!

有吉弘行がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」。6月26日(日)の放送は、アシスタントにマシンガンズの西堀亮と新宿カウボーイの石沢勤を迎えてお送りしました。


石沢勤、有吉弘行、西堀亮


連日猛暑が続くなか、有吉は「大変だろ、バイト。昨日も土木工事をやってたんだろ?」と後輩の西堀を案じます。すると西堀は「やりましたよ〜(苦笑)。もう35℃を超えると、ハイエースから出た瞬間にサウナに入っているような感じ」と過酷なバイト環境を明かします。

ただ、そんななかでも作業中は、みんなで時折声を出し合っていくそうで、異変が見られた場合は、日陰に移動してスポーツドリンクなどを飲ませる、といった措置を取っているとのこと。

有吉は「そっかあ〜」と納得しつつ、「お前の相方の滝沢(秀一)も、ごみ清掃のバイト中は、塩飴を買う金がないから、銀ホイルに塩と砂糖を混ぜたものを包んでいたもんな」と、なんとも切ないエピソードを披露すると、「俺もそれを見て笑っていたんですけど、やっぱり“粉の塩”が一番効く! ペロッて舐めたら、その瞬間にグッといい気が入るんですよ」と真顔で話す西堀。

西堀も熱中症になってしまった経験があり、そのときは帰るときまでグッタリだったそう。「ずっと水道の横に座って、水を汲んでは(顔に)かけて、汲んではかけてをやっていたけど、そんなに回復しないんですよね」と経験者は語ります。

実は有吉も熱中症の経験があると言い、「暑いのに寒気が止まらないんだよな。夜にクーラーを止めて、窓も開けて、(室内を)30℃ぐらいにしているのに、震えが止まらないの」と振り返ります。

そのときは、日中の外ロケで日差しをガンガン浴びていたそうで、「でも、仕事をやっているから(昼間は)気力で乗り越えたんだけど、仕事が終わって帰った途端に体が寒くなってきちゃって……。“風邪かな”と思ったら『それは熱中症だよ』って言われて」と有吉。しかも、そのときは安静にしてスポーツドリンクを飲むぐらいしか対処法が分からなかったそうで、西堀も「塩分、水分を取るしかないって言うよね」と同意します。

あらためて有吉は「(熱中症は)怖いよね〜。気をつけたほうがいいよ」と注意を促し、「若者は、右手に塩、左手に砂糖を持って渋谷の街を歩いてくださいね。“私は若いから大丈夫”ってわけじゃないから。おじさんたちだからじゃないよ、若い人もなるから」とアドバイスを送りました。

<番組概要>
番組名:有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
放送日時:毎週日曜 20:00〜21:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国24局ネット
パーソナリティ:有吉弘行
番組Webサイト:http://www.jfn.jp/dreamer
スマホアプリ 「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!

関連記事(外部サイト)