「明石家さんまさんは、やっぱりカッコいい」…陣内智則を救った、先輩・さんまからの言葉とは?

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

6月18日(土)放送のお客様は、お笑いタレントの陣内智則さん。ここでは、陣内さんがもっとも影響を受けた先輩・明石家さんまさんとのエピソードを語りました。


陣内智則さん


1974年生まれ、兵庫県出身の陣内さん。1992年にNSC大阪校の11期生として入学します。1993年にお笑いコンビ・リミテッドでデビュー。1995年のコンビ解散後はピン芸人として活動。「爆笑オンエアバトル」(NHK総合)や「エンタの神様」(日本テレビ系)など、ネタ番組に出演して全国的に人気を博します。「ABCお笑いグランプリ」「R-1グランプリ」では審査員をつとめ、バラエティ番組ではMCもこなす万能型のコント師です。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:陣内智則さん


◆明石家さんまからの言葉に「また明日頑張ろう!」

川島:陣内さんが仕事でもっとも影響を受けた人を教えてください。

陣内:たくさんいるけど、やっぱりカッコいいなと思う先輩は、明石家さんまさんやと思いますね。

川島:さんま師匠。

陣内:生き方というか、徹底してるやんか。「あの人のメンタルってどうなってるんやろ?」って思わへん?

川島:今も現役で、お笑いが一番好きというか。

陣内:そうね。俺らってヘコむときとかあるやんか。

川島:もちろん。

陣内:さんまさんからもらった、楽になった言葉があるんよ。さんまさんと飲ませていただいたときに、真面目モードで「ヘコむことってあるんですか?」と聞いたのよ。

川島:ほう。

陣内:ほんなら、「もう今はない。26歳のときにヘコむのは止めた」と。

川島:えっ!?

陣内:「お前は自分に期待しすぎるからヘコむねん。自分に期待すんな。今日のお前が100点やと思え。お前が頑張った結果があかんかったら、それは100点や。それでええねん」と言われたときに、なるほどと思った。

川島:ベストは尽くしていると。

陣内:うん。(テレビ番組などの収録が終わって)帰るときに、「あのときの言葉はあれやったな」「あの返しちゃうかったな」って思うことあるやん?

川島:ありますね。それこそ、さんまさんと共演しているときも。

陣内:そうそう。思うんやけども、「これが今日のベストなんだから、また明日頑張ろう!」と切り替えられた。

川島:お笑いの人だけじゃなく、みなさんにとっても刺さる言葉だと思います。

??毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回7月9日(土)の放送も、お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)