Dragon Ash・Kj「みなさんが許す限り、表現が枯渇しない限り…」今後の目標を語る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。6月のゲストには、Dragon AshのKjさんが登場。2022年1月にリリースした木村のセカンドアルバム『Next Destination』に、Kjさんが楽曲「OFF THE RIP」を提供したことで、今回の対談が実現しました。6月26日(日)の放送では、今後の目標・挑戦したいことについて語りました。



◆Kj、デビュー25周年を迎え今後の活動は?
今年2月にデビュー25周年を迎えたDragon Ash。木村から、今後の目標・挑戦したいことを聞かれたKjさんは、「25年もプロでバンドマンとして生きている。ここまできたら、むしろ、むちゃくちゃカッコイイ生き方だと思うので、みなさんが許す限り、表現が枯渇しない限りはやりたいと思っている」とキッパリ。

続けて「それと同じか、それ以上に、大人になって“久々にバンドを組みたい”と思ったメンバーと『The Ravens(ザ レイヴンズ)』※っていうバンドを組んで最近制作をしていて、もうじき作品も録り終わるので、そのバンドを真剣にやっていきたい。その2本柱かな」と今後の活動について語りました。

(※)「The Ravens」……Kjさん(Vo・G)を中心に、 ギター・PABLOさん(Pay money To my Pain/POLPO/M.E.D.S) ベース・武史さん(山嵐/OZROSAURUS) キーボード・渡辺シュンスケさん(Schroeder-Headz) ドラム・櫻井誠さん(Dragon Ash)からなるバンド

次回7月10日(日)の放送もお楽しみに!

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)