Saucy Dog「自分らしく生きていきたい」ミニアルバム『サニーボトル』に込めた思い

Saucy Dogが、7月7日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。7月6日リリースの6thミニアルバム『サニーボトル』について、パーソナリティのこもり校長の質問に答えました。



こもり校長:ミニアルバム『サニーボトル』には全7曲が収録されていて、そのうち6曲が主題歌などのタイアップソングとなっています。これはすごいことです!

石原慎也(Vo/Gt):本当にありがたい限りです。

こもり校長:僕もグループ(GENERATIONS from EXILE TRIBE)をやっているので、よりこのすごさを感じるというか。楽曲が、いろんな場所でいろんな方に愛されている証拠だなと思います。

――リスナーの感想を紹介
【『サニーボトル』全曲聴きました。「君ト餃子」のサビの部分の高音が好きなのと、CDに入っているボーナストラック「ころもがえ」のゆいかちゃんの声が素敵でリピ確です!】(17歳)

石原:ありがとう!

せとゆいか(Dr/Cho):いぇい。

こもり校長:「君ト餃子」俺も好き!

石原:ありがとうございます。聴いてくれてる!

秋澤和貴(Ba):ありがとうございます!

【『サニーボトル』買いました。テストを頑張ったご褒美として、人生で初めて買ったCDです。今回のアルバムは、全体的に明るかったり前向きなれたりする曲が多い印象がありました。受験生となり勉強など大変なこともありますが、Saucyを聴いて頑張ります!】

Saucy Dog:ありがとうございます!

こもり校長:たしかに今回の作品では、前向きとか優しさみたいなものを感じたんですけど。恋愛ソングというよりは寄り添える温かい感じ、本音の部分を描いた曲が多いなという印象を受けましたが……実際そういうのは、意識して作られたのですか?

石原:作っているときのモードが、“恋愛”というよりは、いまの世界とか……そういうのに向けて書きたいなと思ってたんで。自然とそっちの言葉が出てきた感じですね。

こもり校長:いろんな情報が世の中にはありますが……いいこともあれば悪いこともあったりとか。そういうのを、リアルに落とし込んでいったんですか?

石原:そうですね……。いまのSNSとかだと、嫌なことが多く見える世界なので。でも、そういうのにも囚われずに自分らしく生きていきたいな、というのとか。もうちょっと優しく、少しでいいから優しく生きてほしいなというので書いたりとか……そういう感じですかね。



こもり校長:その中で(フジテレビ系「めざましどようび」テーマソングに起用された)「優しさに溢れた世界で」という楽曲は、どのように生まれたのですか?

石原:これは逆に、もともとは恋愛ソングになりそうな歌詞の曲だったんです。でも、もうちょっと見方を変えてみようと思って、自分の中でキャラ作りをしたんです。自分がもし音楽をやっていなくて、サラリーマンで奥さんがいて子どもがいたなら……「今日も仕事嫌だな」って思いながらも「やっぱり頑張ろう」と思うのはなんでだろう? って考えたんです。それはやっぱり、「大切な人や守りたい人がいるからだなぁ」と思ったので、そういう気持ちで書きました。


----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年7月15日(金)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)