もし“災害レベルの大雨”が降ったら…「大雨警戒レベル」で避難すべきタイミングを再確認

手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。7月9日(土)の放送では、あらためて確認しておきたい「大雨への備え」について取り上げました。


※写真はイメージです



7月5日(火)に台風4号が長崎県に上陸し、長崎県、福岡県、熊本県では、ところによって1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降りました。この台風の影響で、高知県では線状降水帯が発生し、土砂崩れなどが発生しています。

ここ数年の豪雨災害は7月上旬に集中しています。2021年7月3日には、豪雨によって熱海市で大規模な土石流が発生。また、2020年に熊本県の球磨川の堤防が決壊したのも7月4日でした。さらに、2018年に発生した西日本豪雨も6月28日~7月8日にかけて起きています。

7月上旬は湿った空気が流れ込こむ影響で、積乱雲が発生して大雨が降りやすくなります。また、線状降水帯や台風での豪雨災害も想定されます。国土交通省の資料によると、1時間の降水量が50ミリ以上の雨について、10年ごとの平均回数は、1976年~1985年では平均226回に対して、2012年~2021年では平均327回と約1.44倍に増加しています。

1時間に50ミリ以上の雨が降ると、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合があります。都心でも、1時間に50ミリ以上の雨が降ると下水道があふれやすくなるため、東京都は豪雨に強い下水道整備を進めています。

さて、あなたの住む町で大雨が降り続いたら、どのタイミングで避難をするべきか把握していますか? ここでは改めて「大雨警戒レベル」について確認していきましょう。

大雨警戒レベルは5段階あり、最も危険が高いレベル5は「命の危険」があることを示します。このレベル5相当となる情報は、自治体からの避難情報となるのが「緊急安全確保」、雨の情報は「大雨特別警報」です。このレベルになってからの避難は危険が伴いますので、1つ下のレベル4の時点で避難しておくことが大切です。このレベル4の自治体からの避難情報は「避難指示」、雨の情報は「土砂災害警戒情報」です。事前にハザードマップを確認して避難の心構えをしておきましょう。

万が一の災害に備えて、ご家庭の防災備蓄は備わっていますか? 最低3日分、できれば1週間分の非常食と飲料水、懐中電灯、携帯ラジオ、携帯トイレ、衣類、毛布やタオル、常備薬や救急用具、軍手などの備蓄が必要です。

家庭によって必要な量や数は異なります。東京都が作成したWebサイト「東京備蓄ナビ」では、“家族の人数”“年代”“住まい”などを入力すると、あなたの家庭でどのくらいの備蓄が必要かを計算してくれます。

例えば、大人2人・子ども2人でマンション住まいの場合、1週間分で飲み水76リットル、レトルトごはん76食、簡易トイレ140回分など、必要な備蓄品の量を算出してくれます。ぜひこの機会に、準備の参考にしてみてはいかがでしょうか?

<番組概要>
番組名:防災FRONT LINE
放送日時:毎週土曜 8:25~8:30
パーソナリティ:手島千尋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/bousai/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?