小室哲哉「僕がいろいろとダメなときに…」松任谷正隆&ユーミン夫婦の“後ろ姿”を見て感じたこととは?

松任谷由実がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Yuming Chord」(毎週金曜11:00~11:30)。7月1日、8日(金)の放送では、「Yuming 50th Anniversary Special対談」と題して、2週にわたり小室哲哉さんをゲストに迎えてお送りしました。ユーミンと小室さんの対談は11年ぶりとなります。ミュージシャン同士ならではの深い音楽談義から、今だからこそ話せる話まで、たっぷりとお届けしました。

この記事では、7月8日(金)放送の模様を紹介。ここでは小室さんが、ユーミンとテレビの企画で共演した際に見かけた“今でも忘れられないシーン”について語りました。

小室哲哉さん、松任谷由実



ユーミン:今週も私の曲の中から、てっちゃんが気になる1曲を選んでもらおうと思います。

小室:一度(ユーミンと)テレビで共演させていただいたときに、僕が(TRFの)「BOY MEETS GIRL」をピアノで弾かせていただきました。世田谷のスタジオで収録していて、みんなちょうど帰る感じだったんです。ユーミンは(スタジオから)お家が近かったんだと思うんですけど、歩いてお帰りになるときに、(松任谷)正隆さんもいらっしゃっていたのに、お2人の距離がそこそこあって……。

ユーミン:(笑)。

小室:1メートルくらいかな?

ユーミン:あまり近いのも気持ち悪いっていうかね(笑)。照れますけど。

小室:(笑)。ちょうどいい感じの距離間だったと思うんですけど。

ユーミン:あの方は昭和の男だからね。それにしてはリベラルかとも思うんだけど、先に少し歩くタイプですね。

小室:そのお2人の仲睦まじい感じの後ろ姿が、事あるごとに残像としてフラッシュバックすることが多々ありました。僕がいろいろとダメなときとかに……。

ユーミン:“つがい感”あった(笑)? この2週(のトーク)で一番ウケた!

小室:そうですか(笑)?(今から流れるユーミンの楽曲の歌詞の)“どっちがどっち”とか、そういうことは関係ないのかもしれないですけど、言葉の意味合いとして、“お互い”みたいな感じで勝手に受け取っているので、選ばせていただきました。

松任谷由実さんで、「守ってあげたい」。

――ここで「守ってあげたい」をオンエア

ユーミン:今日のゲスト、小室哲哉さんが選んでくれた私の曲「守ってあげたい」。とんでもないエピソードも(笑)。ありがとうございました。

*  

デビュー50周年記念企画の1つで、ユーミンの人気曲のタイトルが6人の作家によって新たなストーリーへと生まれ変わったトリビュート小説集「Yuming Tribute Stories」(新潮社)は、現在好評発売中です。

また、12月8日(木)からは「松任谷由実展」(仮称)の開催が決定しました。詳細は順次、公式Webサイト、SNSで発表予定ですので、ぜひチェックしてください!

<番組概要>
番組名:Yuming Chord
放送日時:毎週金曜11:00~11:30
パーソナリティ:松任谷由実
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/yuming

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?