内田也哉子、母・樹木希林から結婚するときに言われた言葉とは?「今まさにそういう気持ちのシフトチェンジ」

ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する“ふたり”が語らうTOKYO FMの番組「三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜」。

今回のゲストは、桐島かれんさん(モデル)×内田也哉子さん(文筆家)。ここでは、家族ぐるみのお付き合いがあるお二人が、それぞれの家族について語り合いました。

内田也哉子さん、桐島かれんさん



桐島さんは、モデルとして活躍する傍ら、ライフクラフトブランド「HOUSE OF LOTUS(ハウス オブ ロータス)」のクリエイティブディレクターも務め、世界中を旅して得た、さまざまなインスピレーションを生かした服や雑貨をプロデュースしています。

一方、内田さんはエッセイ、翻訳、作詞、ナレーションの他、音楽ユニットや女優など、多岐に渡り活動しています。

◆子育てがひと段落して……

内田:こんにちは。お久しぶりです。

桐島:也哉ちゃん、お久しぶり。

内田:先日は久々にママ仲間と一緒に、ランチできて嬉しかったけどね。

桐島:出会いはUTA(本木雅弘さんと内田也哉子さんの長男)が生まれた後だったから。

内田:産んだのは私が21歳で、UTAが今24歳だから、長いお付き合いですね。

桐島:モックン(本木雅弘さん)と一緒にうちに遊びに来てくれて。

内田:あの素敵な洋館。

桐島:その後、たまたま子どもたちが同じ学校でね。私は子どもが4人いて、3番目の娘が也哉ちゃんのお嬢ちゃんと大の仲良しで。

内田:そう。今、2人ともニューヨークの大学に行っていて。

桐島:私たちよりも娘同士のほうが(頻繁に会っているよね)。

内田:そう。多分ほぼ毎日会っているよね。学校は違うけど、すぐ近くに住んでいて仲良し。

桐島:也哉ちゃんと私は結構、歳が離れているんですけれども、若いわりには、すごくしっかりしているところと、そうでない純粋な少女みたいなところの不思議なバランス感があって、一緒にいると気持ちが和むというか、穏やかな気分になれる。

内田:かれんさんの YouTube(「桐島かれん at Home」) もInstagramも見ているけど、お嬢さんの(上田)はんなちゃんが作った「せっかちなかれん」という素晴らしいショートフィルムがあって、それを見ていたら涙が出てきて。


桐島:なんで?

内田:まず、あの小さかったはんなが、自分のお母さんを客観的な目線で、そして愛おしい目線で自分の世界感を織り交ぜながら表現しているのが素晴らしい。本当に感動した。私たちは20何年間、子育てをしているけれど、こういうご褒美が待っているのかと。子どもが、母親という自分の存在を見てくれている。1人の人間として、女性として見てくれることが、おもしろい!ちょっと私たち母子にはまだまだ辿り着けない領域ですが。

桐島:4人のうち次女(上田はんな)がアート系で。

内田:みんなそれぞれ4人とも違う才能を開花していて、見事なバランスで。

桐島:それぞれですね。性格は似ているけど。

内田:いつもかれんさんに会うと、いろいろ聞き出そうとするけど、かれんさんは「私、何もしてない」と言うの。謙遜だと思うの、だって私から見るとしっかり子育てをしていたし。

桐島:母親(桐島洋子)にいつもバカにされていたよ。「なんで、子どもの面倒なんて見るの。仕事をしなさいよ」って(笑)。

内田:でも、かれんさんはきちんと両立されてた。家庭でのクリエイティビティーをお仕事のフィールドにも生かしていて。

桐島:実は、子どもが本当に小さい頃は、ほとんど子育てに集中していたので、ホームメイキング(の比重のほうが大きかった)かな。

内田:いつぐらいから徐々に?

桐島:「何かしたい」というエネルギーが出てきたのは、いきなり自分の家を開放して、お店を始めたとき。「子どもを育てながら何かできないかな?」と、子どもを連れて世界中に買い付けに行って、子どもが夏休みの間だけオープンするお店を始めた。それまでは子育てしかしてなかったから、社会から完全に切り離されていて。

内田:そういう孤独感を味わっていたんだ。

桐島:孤独感というよりはフラストレーション。也哉ちゃんも大変だったでしょ? 今振り返ると。

内田:なにかとスタートが早かったからね。

桐島:自分の青春みたいなものがなかったわけじゃない?

内田:今、子どもたちを見ていると、「いいな。青春していて」と思う。もちろん自分で選択したことではあるけど、結婚するときに母(樹木希林)が言っていたのは、「先に家庭を耕して、それで40代から好きなことをすればいい」と。今まさにそういう気持ちのシフトチェンジだけど、そんなに急激に爆発できない。爆発する必要はないんだけど(笑)。

*桐島かれんさんの著書「大人のおしゃれ手帖特別編集 桐島かれんの緑のある暮らし Life with Plants」は、宝島社より発売中です。

*内田也哉子さんと脳科学者の中野信子さんが家族をテーマに語り合った「なんで家族を続けるの?」(文春新書)が、文藝春秋より発売中です。

*「2020年本屋大賞」を受賞した凪良ゆうさんのベストセラー小説を、広瀬すずさん・松坂桃李さんのW主演で映画化した「流浪の月」。内田也哉子さんも出演する同作は、現在全国ロードショー中です。

??番組Webサイトでは、この記事の放送内容をPodcastで配信中です。

次回7月29日(金)放送のゲストは、UAさん(歌手)×若木信吾さん(写真家)です。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:三井ホーム presents キュレーターズ〜マイスタイル×ユアスタイル〜
放送日時:毎週金曜 17:00〜17:25
ナビゲーター:田中麗奈
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/curators/

関連記事(外部サイト)