「やましい場合もやましくない場合も」LINEの送信取消機能を使うタイミングとは?

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。8月2日(火)の放送では、『SNSってむずかしい!』をテーマにお届けしました。10代のリスナーは、SNSの利用に対しどのような戸惑いや気遣いがあるのでしょうか。今回電話で話した4人のなかから、LINEの送信取消機能が話題になった19歳のリスナーと、パーソナリティのこもり校長、ぺえ教頭とのやり取りを紹介します。



――19歳のリスナーの『SNSってむずかしい!』

友達に送信取消機能(※)を使われて、何の用かわからずにモヤモヤしています。
(※24時間以内なら、送り間違えたメッセージを取り消すことができるLINEの機能)

――こもり校長「俺もたまにやる」

ぺえ教頭:わかる。

リスナー:毎週、誰かしらにこの機能を使われていて……。

こもり校長:それは、使われすぎてるね。その後のフォローは何もないの?

リスナー:何もないです。でも、一度友達に「昨日の取り消し何だったの?」と聞いたら、「何もないよ」と言われて気まずくなっちゃった、みたいな……。

ぺえ教頭:何だったんだろうね?



こもり校長:実は俺もたまにやるのよ。深夜に送ったら返信がないから恥ずかしくなって、なかったことにしようとして消すことはある。

ぺえ教頭:なるほどね。

こもり校長:「ご飯食べに行く?」って送ったんだけど、3時間ぐらい返ってこなくて……逆にバツが悪くなって消したり。それで「何だったの?」と聞かれて、「別に何もないよ」って言うときが俺もある……(笑)。

ぺえ教頭:この友達と同じだ!

リスナー:(笑)。

こもり校長:LINEって開かなくても読めるじゃん。「届いた」と思って、長押しして読んでたら消えたこととかある?

リスナー:はい。取り消しされる前に、送られた内容がたまに見えることはあります。



――ぺえ教頭「自分は使わないようにしてる」

こもり校長:教頭はどうですか?

ぺえ教頭:私はされたら嫌だから、自分は絶対に使わないようにしてる。

こもり校長:でも……人は使うんです(笑)。されたら嫌だけど、便利な機能だから(笑)。(リスナーに)自分でもこの機能は使うの?

リスナー:私はあまり使わないようにしています。

こもり校長:使ったこともあるの?

リスナー:家族にだけです。

こもり校長:じゃあいいか!(笑)。

ぺえ教頭:なんか……やましい送信取り消しと、やましくない送信取り消しってあるじゃない。

こもり校長:ある! 悲しい話なのに、間違えてハッピーな絵文字を付けちゃったときとか。

全員:(笑)。

ぺえ教頭:そういうのはいいんだけどね。

こもり校長:ムズイね。これはどうしたらいいと思う?

ぺえ教頭:どうしたらいいんだろう……わからないよ(笑)。

こもり校長:だからLINEさんという創造主は、やってはいけないレベルの機能を作ってしまったんだよ(笑)。

ぺえ教頭:助かっている人もいるんだろうけどね。

こもり校長:便利なんですよ。だから、(結論としては)教頭が言った「使われたくないから、自分は使わない」。こっちから、パンドラの箱は開けない! これしかないです!

リスナー:はい……(笑)。

こもり校長:だから、我々は闘っていこう!

ぺえ教頭:“送信取り消し機能”と……(笑)。

こもり校長:俺もなるべく使わないようにするわ。

リスナー:はい!

――このほかには……

・「学校が一緒なだけでよく知らない人からくるインスタのDMに困っている」という17歳のリスナー
・「TikTokの動画にコメントしたら、反論してくる人がいて困っています」という13歳のリスナー
・「LINEの返信は、早いほうがいいのか遅いほうがいいのか、タイミングが難しい」という13歳のリスナー
と電話をつなぎ、校長教頭と対策を考えました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月10日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?