「緑内障になった私に対する友達の接し方が…」視覚障がいで中学から特別支援学校に通う10代の声…手助けする側と受ける側の歩み寄りを考える

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。毎週月曜にお届けしている「SOCIAL LOCKS!」のコーナーでは、生まれた環境のこと、性のこと、障がいのことなど、周りとの“違い”について悩んでいるさまざまな10代の声を届けています。

8月8日(月)の放送では、「視力が落ちた私に対する友達の接し方が、以前とは違うように感じる」という14歳のリスナーから届いたメッセージを紹介。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が、心を開いて歩み寄る大切さを語り合いました。


ぺえ教頭とこもり校長


◆リスナー(14歳 / 中学3年生)から届いたメッセージ
――視力が落ちた私に対する友達の接し方が、以前とは違うように感じるのがとてもつらい

私は視覚障がいを持っています。小学6年生の夏に緑内障が発覚し、中学1年生になるころには、光が多少見えるくらいにまで視力が落ちました。現在は白杖を持ち歩く生活で、特別支援学校に通っています。

そんな私は、将来の選択肢を広げるためにも東京の高校への進学を目指しており、勉強をしなければならないのですが、勉強が手につかないくらい毎日思い悩んでしまうことがあります。それは、自分がこのまま生きていて視力が良かったころのように楽しいこと、良いことがあるのか、ということです。

視力が落ちたことで以前よりできないことが増えましたし、電車の運転士になる夢は諦めることになりました。特別支援学校は学生の人数が少ないので、人間関係も限られたものになりました。でもそれ以上に、普通校に通っていたときの小学生のころの友達と久しぶりに会ったときに、視力が落ちた私に対する友達の接し方が、以前とは違うように感じるのがとてもつらいです。

以前は対等な友達だったはずなのに、一緒にいても「助けてあげようか?」という視線を感じます。そのたびに、「自分は普通と違った人間になってしまったんだ」と思い、なかには距離ができてしまった友達もいます。

困っているときに、声をかけていただけることはとてもありがたいです。その一方で、人に守られていると感じて、複雑な気持ちになる人がいるのも知ってもらいたいです。

◆こもり校長とぺえ教頭が思うこと
――「こうしてほしいんだよね」と伝えることも必要なのかな


こもり校長


こもり校長:友達の接し方や視線に傷ついてしまうことがあるということですが、どうですか?

ぺえ教頭:自分に対してどう接してほしいか、ということを、周りのお友達とかに伝えていくことも大事なのかなって思う。本人もそうだと思うけど、周りのお友達にとっても初めてのことだから、どう対応するのがいちばん正しいのかを考えながら接していると思うんだよね。

こもり校長:うんうん。

ぺえ教頭:そこはお互いに歩み寄って、「こうしてほしいんだよね」と伝えることも必要なのかな、と思ったりしたね。

こもり校長:そうだね。やっぱり歳を重ねるごとに、(障がいなど関係なく)誰しも接し方は変わってくると思うんだよ。みんないろんなことを経験するし、いろんなことを思うし……というなかで、周りが(このリスナーに)声をかけることは、変な哀れみではないと思うんだよね。

ぺえ教頭:そうだよね。

こもり校長:「(上から目線の)助けが必要なんだろう?」ということではなくて、本当に自分ができることをしてあげたい、という思いだと思うから。

ぺえ教頭:うんうん。いろんなことと闘って苦しくて、心が閉鎖的になってしまうこともあると思うけど、みんなは協力しようと思っているはずだから。友達の言葉を信じられたらいいな、と思います。

こもり校長:そうだね。声を届けてくれてありがとう。


ぺえ教頭


「SOCIAL LOCKS!」では、さまざまな声を募集しています。わかってほしいのにわかってもらえないことや、「もっとこうなればいいのに」と思っていることがあれば、番組の特設サイトまでお寄せください。



超ダイバーシティ芸術祭「True Colors Festival」の新プロジェクト「True Colors CARAVAN」にて、「SCHOOL OF LOCK!」が「SOCIAL LOCKS!」の課外授業をおこなっています。名古屋、広島、札幌に続き、第四弾は8月14日(日)に、大阪・グランフロント大阪 うめきた広場メインスペースで開催されます。

「SCHOOL OF LOCK!」からはこもり校長とぺえ教頭が参加し、スペシャルゲストに小原ブラスさんが登場します。会場では視聴覚に障がいがある人に向けて、ステージの様子を実況する音声ガイドや、手話通訳が用意されています。詳細は「SOCIAL LOCKS!」の特設サイトをご確認ください。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月16日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55/金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)