スカパラ谷中敦、重さ6kgのバリトンサックスを2時間吹き続けて30年以上!「背筋が鍛えられました(笑)」


東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦さん



お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

8月6日(土)放送のお客様は、東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックス・谷中敦さん。ここでは、以前、テナーサックスに挑戦したことがある川島が、谷中さんとサックスの難しさを語り合いました。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」8月6日(土)放送ゲスト:東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦さん



1966年生まれ、東京都出身の谷中さん。東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとして、1989年にデビュー。翌年、シングル「MONSTER ROCK」、アルバム『スカパラ登場』でメジャー進出を果たします。2001年からはゲストボーカルを迎え入れる「歌モノ」シリーズが始まり、谷中さんは作詞も担当しています。

7月27日(水)には音楽ユニット・YOASOBIのikuraさんこと、幾田りらさんをゲストボーカルに迎えた新曲「Free Free Free feat.幾田りら」をリリース。作曲はNARGOさん(トランペット)、作詞は谷中さんが担当しています。



◆演奏姿勢が影響して…!?

川島:初めましてでございます。谷中さんは、東京スカパラダイスオーケストラ(以下、スカパラ)で、バリトンサックスをご担当されています。

ちなみに私は以前、藤井隆さんのプロデュースアルバム『SLENDERIE ideal』に参加したときに、(藤井さんからの)「声が低いからテナーサックスをやってみたら?」という無責任な一言で、そこからちょっと(テナーサックスに)挑戦させていただいたのですが、サックスは大変な楽器ですね!

谷中:本気でやろうと思うとね。トランペットとかトロンボーンとかは、くちびるを震わせなきゃいけないので、まず音を出すのが大変。サックスは共鳴板が付いているので音は出るんですけど、そこからが、なかなか大変なんですよね(笑)。

川島:「頬の筋肉って、あんなに使うもんなんだ……」って思いました。

谷中:慣れると、しゃべるように吹けます。そうなると本当に楽しいと思いますね。

川島:サックスを大きく分けるとバリトン、テナー、アルト、ソプラノの4つあるのですが、谷中さんはバリトンサックス。一番低い音が出るサックスですよね。

谷中:そうですね。よく聴くサックスはアルトとテナーが多いです。

川島:サックスの重量は、ソプラノサックスで1キロ、アルトで2キロ、テナーで3キロあります。慣れないうちは首をやられますね。姿勢を保つのもすごく大変です。それよりも重いのがバリトンサックスで、なんと6キロ!

谷中:テナーサックスの倍の重さなんだ! それは知らなかった(笑)。

川島:知らないほうがよかったですね(笑)。ライブだとバリトンサックスを2時間ぐらいずっと吹き続けるわけですよね。

谷中:背筋が鍛えられました。

川島:やっぱり姿勢に影響が?

谷中:逆に反り気味になっちゃって。「谷中さん、いつも胸張ってますね」ってよく言われます(笑)。

次回8月13日(土)のお客様は、伊集院光さんです。お楽しみに!

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」で聴く
聴取期限 2022年8月14日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜
放送日時:毎週土曜 17:00〜17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)