「日韓関係」改善が裏テーマ!? 日米韓ミサイル対処訓練、約6年ぶりに実施

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。8月18日(木)放送のコーナー「リポビタンD TREND NET」のテーマは「およそ6年ぶり、日米韓ミサイル対処訓練」。学習院大学 非常勤講師・塚越健司さんに解説していただきました。


※写真はイメージです



防衛省は8月16日(火)、海上自衛隊と米韓両国の海軍がハワイ沖でミサイル対処の共同訓練をしたと発表しました。日米韓によるミサイル防衛訓練の実施公表は、2017年12月以来、およそ6年ぶりのことです。

◆今回の共同訓練の狙いは?

塚越:基本的には、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して、日米韓が連携して対処することが主な狙いですが、戦後最悪と言われるまで冷え込んだ日韓関係の改善という意味もあります。

もともと近年の日韓関係は悪く、2018年12月、韓国軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機(しょうかいき:海洋の警戒を任務とする軍用機)に火器管制レーダーを照射した事案を受けてさらに悪化し、以降、共同訓練が実施されませんでした。

日韓は文化では密接な関係ですが、政治は冷え込んでいます。一方、今年5月に新大統領となったユン・ソンニョル氏は、日韓関係改善を重視していることもあり、その一歩として、今回の共同訓練が再開されることになりました。

ユン・ソンニョル大統領は8月15日(月)に、日本の統治から脱して主権を回復したことを記念する「光復節」の演説で、「日本は今や共に力を合わせて進むべき隣人だ」と述べていますが、韓国国内では批判も多いようです。

今回実施された訓練は、もともと6月に実施が決まっていて、その当時に岸田首相、バイデン大統領、ユン・ソンニョル大統領の三者による「首脳会談」が、およそ5年ぶりにおこなわれました。

実施は決まっていたとはいえ、岸田首相は内閣改造の際にも「防衛力強化に取り組む」と述べていることから、日本の立場を示すこととなります。また、アメリカは自国のためにも日韓関係の改善を働きかけているので、今回の共同訓練は歓迎すべきことだと思います。

ユージ:日韓関係の改善の意味もあったんですね。

◆共同訓練、具体的な内容は?

塚越:ハワイ沖で、弾道ミサイルの探知や追尾の訓練を実施しました。また、3ヵ国の通信システムをつないで、部隊間の情報伝達や戦術的なデータも共有しました。有事の際は、特にミサイルの場合、データ共有と分析が重要です。ウクライナ侵攻をめぐっても、米軍が情報提供することでウクライナに有利な情報がもたらされたことは記憶に新しいです。

ユージ:実際、北朝鮮からのミサイル発射数は増えているのでしょうか?

塚越:北朝鮮は、1993年から弾道ミサイル発射実験を繰り返しています。2010年代後半からは、特に弾道ミサイルの発射数が増えていて、2022年には合計33発の弾道ミサイルが発射されています。例えば6月5日には、北朝鮮が一度に8発の弾道ミサイルを大量発射しました。いずれも日本海に向けて発射されました。

ミサイルというと、「Jアラート(全国瞬時警報システム)」を覚えている人も多いと思います。特に2017年には、北朝鮮のミサイル発射に際して「Jアラート」で警報が鳴りました。ただし、「Jアラート」で警報が鳴るのは日本の領土・領海に落下する可能性、または領土・領海を通過する可能性がある場合なので、必ず毎回というわけではありません。

「EEZ(排他的経済水域)」への落下では鳴りませんが、船舶や航空機に対しては警報が発令されます。北朝鮮は経済危機が叫ばれていますが、それでもミサイル開発は進めています。不測の事態が生じる可能性もあるので注意は必要です。

◆今回の共同訓練を受けて期待すること

塚越:北朝鮮については、さまざまな対処が必要ですが、裏テーマとしては日韓の関係を改善することが焦点にあったと考えられます。なかなか難しいのは、それぞれの政府と、それぞれの国民の意見が分かれていることがあります。例えば、韓国政府が考えていることと、韓国国民が考えていること。日本政府が考えていることと、日本国民が考えていること。この4つのバランスがあります。韓国政府が「OK」と言っても、国民は「NG」と言うと、ちょっとねじれてしまう。日本でも同様のことがあると思います。

韓国は民主主義国家なので、国民の民意が重視されます。ユン・ソンニョル大統領の支持率によっては、日本への対応が変わる可能性もあると思います。なかなか難しいことではあるのですが、今回に関しては、共同訓練が再開されたということなので、日本としても歓迎すべきことだと思います。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月26日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?