「ADHDの自分を唯一無二の存在だと思える」ネガティブからポジティブに変われた10代のメッセージ

ラジオの中の学校、TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」。毎週月曜にお届けしている「SOCIAL LOCKS!」のコーナーでは、生まれた環境のこと、性のこと、障がいのことなど、周りとの“違い”について悩んでいるさまざまな10代の声を届けています。

8月22日(月)の放送では、「ADHDと診断されてから、とあることがきっかけでポジティブになれた」という15歳のリスナーから届いたメッセージを紹介。パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭が、「自分自身と向き合って表現することで変われること」について話し合いました。


ぺえ教頭とこもり校長


◆リスナー(15歳 / 高校1年生)から届いたメッセージ
――いまは、自分のことが唯一無二のかけがえのない存在だと思えています

自分はADHDです。ADHDとは、注意欠如・多動症とも呼ばれる発達障害のひとつで、注意力がなかったり、じっとしているのが苦手だったり、衝動的だったりといった特性があるといわれています。小学生のころは授業にまったく集中できず、友達と毎日ケンカをしていて、とにかく落ち着きがない子どもでした。そのことで親と先生が相談し、病院を受診することになって、その結果、ADHDの診断を受けました。

それからADHDの特性が気になってしまい、次第にネガティブになって、“みんなに迷惑をかけるんだったら自分は学校にいないほうがいいのではないか”と思うようになりました。

だけど中学生になって、そんな毎日が一気に変わりました。それは人前に出たり、劇に出て観客を笑わせてみたり、さまざまなことに挑戦したのがきっかけでした。その挑戦は、ADHDだからできたのかもしれません。

落ち着きがなく注意力不足なのが、(逆に)みんなの前で一発芸みたいなことをやるにしても不安がなく、結果みんなが笑ってくれたことで、ADHDであることをようやくポジティブに考えられるようになっていきました。それから、自己肯定感を高くもっていけるようにもなりました。

小学生のころは、ADHDのせいで自分が嫌いでした。でもいまは、自分のことが唯一無二のかけがえのない存在だと思えています。みんなに笑顔を届けたいから、毎日学校に行きたいと思うようになりました。

いまADHDのことで、自分に否定的になっている人がいるかもしれません。でも、もしかしたらそのコンプレックスは、自分のことを唯一無二の存在だと思えることにつながるかもしれない、ということを伝えたいです。


◆こもり校長とぺえ教頭が思うこと
――日常の中にきっかけがあるよ、と教えてくれた


こもり校長


こもり校長:「小さいときはADHDで苦しんでいたけど、中学生になってからはそれが長所かもしれないと思い始めた」ということだけど……何よりも本人がすごいよね。自分と向き合い、それを自分のなかで消化せずに、“みんなに笑顔を届けたい”という自分のフィルターを通して表現する、という。

ぺえ教頭:そうだね。

こもり校長:この作業って、誰しもが必要なことだと思うの。自分のフィルターを通して何かを表現することって。それで“自分”というものを表現できているのであれば、素晴らしいことだと思う。

ぺえ教頭:そうだね。自分自身を信じ続けて、諦めずに何かを探し続けた結果というか。立派だね。

こもり校長:何がどういうふうに変わるのかというのは、わからないわけじゃん。自分のなかで悩んでいたものが、今回みたいに“人前に出てみた”、“みんなを笑わせた”ことで、(変わる)きっかけになるかもしれないし……となると、もしかしたらADHDとかそれ以外のことでも、悩んでいた生徒(リスナー)がいたとするならば、“日常の中にもきっかけがあるよ”と教えてくれた感じがして。勇気や前に一歩進む大切さ、みたいなものは感じたな。

ぺえ教頭:うん。

こもり校長:声を届けてくれてありがとう。


ぺえ教頭


「SOCIAL LOCKS!」では、さまざまな声を募集しています。わかってほしいのにわかってもらえないことや、「もっとこうなればいいのに」と思っていることがあれば、番組の特設サイトまでお寄せください。



超ダイバーシティ芸術祭「True Colors Festival」の新プロジェクト「True Colors CARAVAN」にて、「SCHOOL OF LOCK!」が「SOCIAL LOCKS!」の課外授業をおこなっています。名古屋、広島、札幌、大阪に続き、第5弾は9月11日(日)に福岡県北九州市の「THE OUTLETS KITAKYUSHU アクティベーションフィールド」で開催されます。

「SCHOOL OF LOCK!」からは、ぺえ教頭と「SCHOOL OF LOCK! 教育委員会」のパーソナリティ・とーやま委員、スペシャルゲストとしてラッパー・GOMESSさん、モデル・よしあきさんが参加します。

会場では視聴覚に障がいがある人に向けて、ステージの様子を実況する音声ガイドや、手話通訳が用意されています。詳細は「SOCIAL LOCKS!」の特設サイトをご確認ください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年8月30日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?