「第65回オールスター競輪」決勝戦を総括! 競輪記者も唸った“脇本雄太選手の捲り”「脚があるからこそできた技」

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。毎週月曜日18:40頃からのコーナー「スカロケ競輪部」では、競輪部・マネージャーの田村響華(たむら・きょうか)さんに、初心者でもわかる競輪の魅力について教えていただきます。

8月22日(月)の放送では、「夕刊フジ」の競輪女性記者でスカロケ競輪部顧問の秋田ガラパゴス麻子(あきた・ガラパゴス・あさこ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から時計回りに)田村響華さん、秋田ガラパゴス麻子さん、マンボウやしろ、浜崎美保


今回スポットを当てたのは、8月15日(月)に埼玉・西武園競輪場にて開催された「第65回オールスター競輪(G1)」の決勝戦について。

見事優勝を手にしたのは、福井県・S級1班の脇本雄太(わきもと・ゆうた)選手。2着が広島県・S級S班の松浦悠士(まつうら・ゆうじ)選手、3着は秋田県・S級S班の守澤太志(もりさわ・ふとし)選手という結果でした。

打鐘(残り1周半を知らせる鐘)では7番手と厳しいレース展開を強いられた脇本選手でしたが、驚異的な捲(まく)りで松浦選手らをかわしての栄冠に、田村マネージャーは「ほかの選手だったらきっと届かない。脇本選手だから捲っちゃうんですよ!」と舌を巻きます。

ちなみに、前回の放送で田村マネージャーは松浦選手推し、ガラ麻顧問は脇本選手推しを宣言していました。そして、やしろ本部長と浜崎秘書は、2人の推しに乗っかり、放送中に車券を購入して見事的中! そのお返しに、この日スタジオでは、シャインマスカット、北京ダック、お寿司を振る舞い、歓喜に沸く一幕も。

決勝戦での熱い戦いをあらためて振り返り、田村マネージャーは「私は松浦選手が1着を獲れると思っていたんですけど、脇本選手の脚が本当に強かった。でも、松浦選手はレースの展開づくりや読みが本当に上手なので、今回のレースでそれが活かされたと思うし、すごく楽しかった!」と両選手を称えます。

一方、ガラ麻顧問は「脇本選手は、松浦選手に番手を奪われて、苦渋の決断で7番手まで下げてから何とか捲って勝ったんですけど、やっぱり脚があるからこそできた技でしたね」と脇本選手の脚力を絶賛していました。

◆競輪場で「盆踊り」!?

先日の放送中に、ガラ麻顧問が「競輪場でスカロケ盆踊り~なんていいですね!」とツイートしてくれたことを受けて、番組後半では盆踊りの話に。

ここで浜崎秘書が、「実際に競輪場で盆踊りなんてやって良いのでしょうか?」と質問。これにガラ麻顧問は、「はい、やっていいんです! 実際に先日、名古屋競輪場で夏祭りがおこなわれて、花火とか屋台などもありつつ、夕方5時から盆踊りをやっていました!」と紹介します。

この回答にやしろ本部長は「えー! “スカロケ盆踊り”が現実味を帯びてきたー!」と大興奮! 続けて「番組が来年で10周年ということもあり、“何かイベントをやりたいよね。それで、盆踊りがこの番組にピッタリではないか”と話していた流れで、ガラ麻さんがツイートしてくれたり、私たちが車券を当てたり(笑)。縁起の良い流れになっているので、この勢いで実現させたいですね!」と意気込んでいました。




競輪について“もっと詳しく知りたい!”という方は、ぜひ「けいりんマルシェ」をチェックしてみてください。なお、競輪・オートレースの売上の一部は、機械工業の振興や社会福祉等に役立てられています。

「スカロケ競輪部」は、TOKYO FMの音声配信サービス「AuDee(オーディー)」でも楽しめますので、ぜひチェックしてみてください。

次回9月5日(月)の「スカロケ競輪部」も、どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?