子どもの表情が、ものすごく良くなった! 鎌倉の海でシュノーケリング体験ができる「パパラギ“海と自然の教室”」の活動を紹介

女優、ビッグバンド「渋さ知らズ」のメンバーとして活動する玉井夕海がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「サステナ*デイズ」。“子どものあした大人のきょう”をテーマに、子どもたちが安心して暮らせる未来のために、「SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標)」の考えを軸にした“新しい毎日”を提案します。

今回の放送は、子どもたちに「大好きな海を大切にする気持ち」を「絵」で表現してもらって1冊にまとめた絵本「みんなのうみ」と、神奈川県・藤沢市のNPO 法人 「パパラギ“海と自然の教室”」がおこなっている「海岸生物観察会」と「シュノーケル教室」の活動を紹介しました。


絵本「みんなのうみ」を紹介する玉井夕海



「サステナ*デイズ」では、2015年9月に国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の“17の目標”に真摯に取り組む、さまざまな企業の事業活動を応援するとともに、社会変革のアクションをサポートしながら、私たちが等身大でできるさりげないサステナブル生活のヒントを探っていきます。

*

番組では、2020年から「子どもたちと一緒に安心してくらせる未来を絵本にしよう!」というキャッチコピーのもと、「SDGs絵本プロジェクト『みんなのうみ』」企画を進行してきました。「SDGs」の14番目の目標である「海の豊かさを守ろう」をテーマに、子どもたちが大好きな“海”を大切にする気持ちを絵に描いてもらい、応募で集まった絵から1冊の絵本を作成していく企画です。

このプロジェクトを通して、“SDGsをもっと身近に感じてほしい”という番組の思いに賛同した 日本製紙クレシア株式会社の協力のもと、1冊の絵本になりました。

玉井: 本日紹介する1枚は、小さな赤い魚がポツンと1匹で泳いでいて、「まもってくれる?」という言葉が書いてあります。海を守っていくのは、後からこの星に生まれてきた私たち人間の役割ですから、なんとか頑張ってつなげていきたいと思います。

▼「TOKYO FM『サステナ*デイズ』SDGs絵本プロジェクトsupported by 日本製紙クレシア」特設サイトはコチラ▼
入賞作品のギャラリー:https://www.tfm.co.jp/sustaina/minnanoumi/

――そんな「海」にまつわる絵本を制作した当番組では毎月、「海」の魅力を伝える活動や、海が大好きな子どもたちの声をお届けしています。

今回取材したのは、「もっと海を好きになろう!」をモットーに、 1999 年から神奈川・鎌倉を拠点に活動している NPO 法人 「パパラギ“海と自然の教室”」。

今回は、こちらの「シュノーケリング教室」に参加している 小学校4年生の「かつみくん」と 「かつみくんのお父さん」にお話を伺いました。

■かつみくん(小学4年)
今日で3回目の参加です。海に潜って魚をいっぱい見たりします。今日は、まずは水に慣れて、そのあとに生き物を見ました。ウツボ、カニなど、ちょっと深いところまで見れました。

■かつみくんのおとうさん
以前から子どもたちと、シュノーケルを付けて海で遊んでいたのですが、2年前に部品の一部を失くしてしまって、それを購入しにお店に行ったときに、「パパラギ“海と自然の教室”」の「シュノーケル体験会」を知りました。すぐに申し込んで体験させていただきました。

シュノーケリングで、海の生き物を見ることの楽しみの幅が広がったなと思っています。あと、海に入っているときの子どもの表情が、ものすごく良くなったと感じています。


玉井:私も、かつみくんと同じ小学校4年生のときにシュノーケルを初めて体験してから、海の見え方が変わりました。それはシュノーケルのおかげだったなと思います。そして、やはりプロフェッショナルの方が横にいてくださるのは、すごく安心しますね。

――シュノーケル体験ができる「パパラギ“海と自然の教室”」では、どんなプログラムが用意されているのでしょうか? スタッフの藤田さんにお話を伺いました。

■NPO 法人 「パパラギ“海と自然の教室”」スタッフ・藤田さん
“誰でも、どんな人でも海に接してほしい”という願いで、このNPO法人を立ち上げました。僕自身もスキューバダイビングのインストラクターをやっているのですが、スキューバ以外でも、ぜひみなさんに海を楽しんでいただき、その素晴らしさを広めたい、という思いで活動しています。

時期によって活動内容は変わってくるのですが、最初は「海岸生物観察会」をおこないます。これは鎌倉や江の島にいる海の生き物を取ってみんなで観察します。最後はもちろん、生き物を海に返してあげます。この観察会には、0歳児~70歳以上を超えるお客様までご参加いただいています。

そのあと、「シュノーケル教室」をおこないます。こちらは小学4年生ぐらいから大人の方、あとは、以前にスキューバダイビングをやっていて、「今はもう器材が重く感じるかな?」という方など、いろんな方にご参加いただいています。

海のなかには、テレビなどではわからない世界が本当にたくさんあります。自然に直接触れるのは、できそうで、なかなかできない体験だと思うので、ぜひ一歩踏み出してほしいと思います。

玉井:そうですね。特に東京で暮らしていると、自然からどんどん遠くなっているような気がするので、とてもいいですね。0歳~70歳くらいまでの方が参加しているとのことですが、藤田さんのようなスタッフの方がいてくださると、すごく安心ですね。

ちなみに現在は、7名~10名ぐらいの教室になっていて、多いときは30名近くも応募があるそうですよ! シュノーケリング教室は、9月の第1週まで毎週おこなっているそうです。気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください!

▶▶この日の放送は音声アーカイブ「AuDee(オーディー)」でも配信中です。

<番組概要>
番組名:サステナ*デイズ
放送日時:毎週木曜 11:30~13:00
パーソナリティ:玉井夕海
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/sustaina/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?