「世界に一つだけの花」を“商店街のテーマソング”と勘違い…!? キンプリ神宮寺勇太の爆笑エピソードに、木村拓哉「いいな、それ!」

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。9月のマンスリーゲストは、アリーナツアー「King & Prince ARENA TOUR 2022 ~Made in~」の真っ只中のKing & Princeの髙橋海人さんと神宮寺勇太さん。9月18日(日)の放送では、神宮寺さんが「人生の1曲」を語りました。



◆神宮寺勇太の「人生の1曲」とは?

毎回、ゲストが「人生の1曲」を紹介するコーナー。神宮寺さんが選曲したのは、SMAPの「世界に一つだけの花」です。

商店街を歩いているときに流れていた曲が「世界に一つだけの花」だったと話す神宮司さん。

同曲を初めて聴いたシチュエーションに加え、当時はまだ小学校低学年だったこともあり「本当に失礼な話なんですけど、『商店街のテーマソングなんだ』って勘違いをしていて。(この曲を聴くと)いい気分にもなれるし、当然は歌詞の意味もわからなかったので……」と正直に明かすと、思いがけないエピソードに木村は「いいな、それ!」と反応。

商店街でこの曲を聴いて、すごく陽気な気分になれたという神宮寺さん。その後、車に乗っているときに流れてきた「世界に一つだけの花」を再び聴き、「『あっ! 商店街のテーマソングだ!!』ってなって、『これ、誰が歌っているの?』って聞いたら、『SMAPさんだよ』って教えていただいて。そこから、とりこになるくらい何度も何度も聴いて、少しずつ自分のなかで“ジャニーズ”っていう人たちを知り始めた」と振り返ります。

先日の放送で神宮寺さんは、子どもの頃に木村のことが大好きすぎて、ジャニーズ事務所に自ら履歴書を送ったというエピソードを語り、木村本人を前に“木村愛”を熱弁する一幕も。

そんな神宮寺さんは「この曲に出会ったからこそ、『僕は今、ここにいさせていただいているんだな』ということで選ばせていただきました」と選曲理由を語りました。

次回9月25日(日)の放送もお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年9月26日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?