村上春樹×菊地成孔 “伝説のライブ”を再現した「山下洋輔トリオ再乱入ライブ」でフリージャズを語る

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの音楽番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。9月25日(日)の放送は「村上RADIO ~村上春樹presents山下洋輔トリオ再乱入ライブ」と題して、7月12日(火)に早稲田大学大隈記念講堂で開催された一夜限りの特別ライブをダイジェストでオンエア。

この記事では、同ライブにゲスト出演したジャズミュージシャン・菊地成孔(きくち・なるよし)さんとのトークパートを紹介します。


村上さんが企画し、2022年7月12日(火)に早稲田大学で開催された「村上春樹presents 山下洋輔トリオ 再乱入ライブ」(TOKYO FM/早稲田大学国際文学館 共催)。このライブは、学園紛争の中、新進気鋭のジャズ・ミュージシャンだった山下洋輔さんが、バリケード封鎖された早稲田大学キャンパス内で、大隈講堂から教室にピアノを運び込んで敢行した伝説のライブを約半世紀の時を越えて再現したものです。

司会をつとめたのは、ミュージシャンの坂本美雨さん。演奏は、この日のために結集した山下洋輔トリオ。山下洋輔さん(ピアノ)、中村誠一さん(テナーサックス)、森山威男さん(ドラム)という編成でした。

ゲストとして作家の小川哲(おがわ・さとし)さん、編集者・写真家の都築響一(つづき・きょういち)さん、ジャズミュージシャン・菊地成孔(きくち・なるよし)さんが登場。村上春樹さんとのトークを繰り広げました。

*  

坂本:さてここで、ジャズミュージシャン・菊地成孔さんをお迎えします。

菊地:どうも。大雑把に言うと、今日の山下トリオは第1期のメンバーです。僕は、伝説のテナーサックス奏者・武田和則さんの追悼ライブで共演して、山下さんのニュートリオのツアーに合流しました。1990年代の山下洋輔の関係者ですね。

坂本:フリージャズが生まれた時代背景というのは、どんなものだったんでしょうか?

菊地:フリージャズはアメリカで生まれて日本に輸入されてアレンジされたものです。オーネット・コールマンがそうであるように1950年代に起こったわけですが、フリージャズの歴史を正しく俯瞰するのは難しいです。

ビーバップからモードジャズに移行した歴史があり……という話なんですが、なかなかひと言では言えません。スターというか、有名だったジョン・コルトレーンがフリージャズに転向したんですね。1966年に新宿の厚生年金ホールで、亡くなった相倉久人先生が司会で、「ライヴ・イン・ジャパン」が開かれたんです。その伝説のライブは、山下さんも客席にいました。山下さんの著作によれば、コルトレーンに背中を押されたみたいです。そのことが、山下さんの最初のエッセイ『風雲ジャズ帖』に書いてあります。そのころのメンバーが今日のオリジンのトリオ・メンバーです。つまり、『風雲ジャズ帖』のトリオです。

村上:1966年はまだ高校生だったんで、行けなかったんです。現在におけるフリージャズの位置って、どうなっているんですか。

菊地:いや、僕にはとても語れません。でも、私の師匠筋である「山下」は天性の大スターです。本人に言うと怒られますが、「長嶋」みたいなところがある。「乱入コンサート」みたいな、記憶に残るすごいことをするんです。学生運動が盛んだったときに、フリージャズというある種の音の暴力的な表現が、学生たちの革命運動にジョインできるという可能性を示したコンサートなんです。

フリージャズをやる人は当時たくさんいたけど、ここまで露骨にやったのは山下トリオだけです。そういう記録を本人はその気がなくても打ち立ててしまうようなところがある。山下本人は、いわゆる革命運動としての学生運動の退潮に抗うように、フリージャズといういちばん難しい音楽を、タモリさんや筒井康隆先生も巻き込んで、ポップにお茶の間でも面白く展開した。その後、学生が革命を夢見た政治の時代が終わってもやり続けた。その偉業というか、功績は大きいです。

一方で、大隈講堂のピアノでこうしたこともやったというのがスター性ですね。業績をまとめるならば、そういうことになります。たぶん山下さんは率いていくという意識は全くないと思いますけどね。面白そうだからやっただけ。今回も村上さんが企画した「再乱入」とか、面白そうじゃないですか(笑)。

村上:現在のジャズシーンの中で、フリージャズはみんなやってないけど、1960年代当時とは違う形で、その要素は確実に取り入れられてますよね。

菊地:そう、入ってます。公民権運動から続いているものでもありますが、「ブラック・ライブズ・マターの運動」とコロナは同じ時期ですよね。そこには怒りとか反体制の表現が遺伝子みたいに入っている。それはコロナとブラック・ライブズ・マターがあるかぎりは、ありつづけるというような感じで入っていると思います。最近の話題のジャズの人は、コロナデビューの人が多いんです。だいたい怒っています。久しぶりにジャズが怒りを取り戻したという印象もあります。

坂本:まだまだ3時間くらい聞いていたいのですが……。

菊地:これくらいがちょうどいいんじゃないですか。3時間はきついでしょう(笑)。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2022年10月3日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~村上春樹 presents 山下洋輔トリオ再乱入ライブ~
放送日時:9月25日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹、山下洋輔トリオ(山下洋輔(p)、中村誠一(ts)、森山威男(ds)、坂本美雨、小川哲、都築響一、菊地成孔
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?