ツユ「やれちゃってた」から「ちゃんとやろう」へ!3人の結束と食べられなかった焼肉の話

ツユが、10月4日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。9月28日に配信リリースされたデジタルシングル『雨模様』の話題をきっかけに、結成からの3年について、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭の質問に答えました。



ツユは、作詞作曲・ギター担当のぷすさん、ボーカル担当の礼衣さん、ピアノ担当のmiroさんからなる音楽ユニットです。2019年6月に結成し、現在のYouTube登録者数は100万人を超えています。



こもり校長:ツユ先生は、9月にデジタルシングル『雨模様』をリリースされました。おめでとうございます!

ツユ:ありがとうございます!

こもり校長:この曲は結成3周年を記念したワンマンライブのテーマソングということですが、3年を振り返ってみてどうですか? いちばんの思い出は何ですか?

礼衣:でもあっという間だったから……3年と言われて「3年!?」ってなってます。

ぷす:たしかに、感覚としては早いですね。「もう3年経ったんだ」という感じです。

こもり校長:じゃあ何か思い出があるというよりは、駆け抜けた感じですか?

miro:最近になってエンジンが加速して、3人がより向き合って「ちゃんとやろう!」という感じになったんですよ。

ぷす:いままでは「やれちゃってた」感じだったんですけど、そこからさらにエンジンがかかったのは、割と最近だったりします。

ぺえ教頭:それは、みなさんが感じていることなんですか?

ぷす:そうなんです。3人で向き合って「ツユを大きくするためには」というのを話し合って、より濃密にしていこうと。

こもり校長:何かきっかけがあったんですか?

ぷす:ツユを結成したのは僕がきっかけだったんですけど、やっていくうちに僕のワンオペなところが増えてきたんです。僕が決めたことをメンバーにお願いしてやってもらう感じだったので、偏りというかバランスが良くないと思ったんです。

こもり校長:うんうん。

ぷす:ツユをもっと大きくしようと思ったら、メンバーの力や個性がもっと前に出たほうがいいと思ったので、そういう話をしました。

ぺえ教頭:お二人は、そうなってからやりやすいんですか?

miro:やりやすいというよりかは、お互いにリスペクトし合っているので、何か言われなくても仕事はしてくれる、という安心感があったんです。ただもっと突き詰めてやらないとお客さんには伝わらないよね、というところで、いろいろな話し合いをするようになりました。それがすごく楽しいですね。

こもり校長:ポジティブな感じなんですね。

礼衣:でも……3人で話し合うためにご飯でも行こうよ! と言って、私だけ行ったことのない焼肉屋さんに行ったんです。「本当に美味しいんだよ!」「あの肉は最高なんだよ!」と言われて……。

ぷす:僕とmiroくんで行った店だったんです。

礼衣:で、車でお店に行ったら休業してた……というのが、ここ最近の思い出です!

ぺえ教頭:(笑)。

miro:まだ行けてないんです。礼衣にも食べてほしかったなぁ。

礼衣:マジでショックでしたよ。すごくハードルを……。

ぷす:上げたのに、閉まってて!

miro:連れて行きたかったです!

礼衣:で、すし屋に移動してガッツリしゃべっての、“今”です!(笑)。



----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月12日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長、ぺえ教頭
放送日時:月~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?