「既読スルー」する“意中の相手”を振り向かせる方法とは?

「既読スルー」する“意中の相手”を振り向かせる方法とは?

「既読スルー」する“意中の相手”を振り向かせる方法とは?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。2月14日(木)の生放送は、恋愛心理カウンセラーの鶴岡りささんが登場。恋に効く心理テクニックを教わりました。



鶴岡さんの職業は、女性を対象に婚活支援やパートナーシップ間における問題をカウンセリングするというもの。鶴岡さんに相談した結果、男性に苦手意識を持っていた女性が8年ぶりに交際を始めたという例もあるそうです。

そんな鶴岡さんがオススメの恋愛心理テクニックを紹介してくれました。
1つ目は「LINEのアイコンを変えて連絡する」です。これは、LINEで送信したメッセージを、相手が読んでいるにも関わらず返信が来ない「既読スルー」をされたときに有効とのこと。アイコンを変えるとタイムラインにも載り、意中の相手が連絡先を何気なく眺めているとき、目にとまりやすいと鶴岡さんは言います。

ちなみに、アイコンは「一緒にデートをしているイメージを意識させる自画像」がオススメだそう。自撮りではなく、友人やプロのカメラマンなどに撮ってもらうと、より自然に仕上がるそうです。加工アプリの使用は控えたほうがいいと鶴岡さん。以前、Twitterで流行った「#彼女とデートなうに使っていいよ」の画像などを参考にするといいそうです。

その後、既読スルーされた相手に連絡を取る際、決して“恨みを見せてはいけない”と鶴岡さんは注意ポイントを説明。「脳科学的に、3週間経つと人は記憶を忘れると言われています。ですから3週間後に何事もなかったかのように連絡するといい」とアドバイスしました。

2つ目の心理テクニックは、「相手の得意そうな分野について、相談の連絡をする」です。これは、自分が相手に気があるけど、相手はそうでもない……という場合に有効だとか。「元気?」など他愛のない内容よりも、得意分野の相談は相手の反応がいいそうです。そのためには事前の調査が重要で、「相手の傾向をさりげなく探っておくことが大事」と鶴岡さんは話していました。

3つ目は、「彼のまわりの人へ、自分が好意を持っていることを伝えてもらう」こと。これは、女性から“モテる”のがうれしい、という男性心理を活かした作戦です。ポイントは、「好き」ではなく「カッコイイと思っている」程度にとどめておくこと。鶴岡さんによると、「仕事をしている姿がステキ」「スーツが似合っている」といった程度の誉め言葉がいいそうです。少なからず、自分に好意を持っている相手には、なかなか冷たくできないもの。「そこから少しずつ距離を縮めていけばいい」とアドバイスを送りました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年2月22日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)