関根勤「最初で最後のテレビ出演になる可能性がある」…「いいとも!」の人気コーナーで“気をつけていたこと”とは?

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

10月22日(土)放送のお客様は、お笑いタレントの関根勤さん。ここでは、関根さんがレギュラー出演していた「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の人気コーナー「身内自慢コンテスト」を振り返りました。

関根勤さん



1953年生まれ、東京都出身の関根さん。大学時代にバラエティ番組「ぎんざNOW!」(TBSテレビ系)の「しろうとコメディアン道場」で初代チャンピオンとなり、21歳で芸能界入り。“ラビット関根”という芸名で、ジャイアント馬場さん、千葉真一さん、長嶋茂雄さんなどのモノマネのほか、バラエティ番組「カックラキン大放送!!」(日本テレビ系)では“カマキリ拳法”を披露して注目を集めます。

その後、バラエティ番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」(テレビ朝日系)のレギュラーとなり、同じ事務所の小堺一機さんとコンビを組んで「コサキン」の愛称で人気を獲得。

バラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)では、司会のタモリさんを除いた全レギュラーのなかで歴代最長の 29年間出演。人気コーナー「身内自慢コンテスト」で披露していた、“一般人の推薦者に一言コメントを添える”人気芸は、近年バラエティ番組で再注目されています。

TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:関根勤さん



◆マイルールは“人を傷つけないお笑い”

川島:「水曜日のダウンタウン」(TBSテレビ系)の企画「2代目関根勤選手権」に出させてもらったのですが、初めて関根さんのルールを知りました。言われて相手が傷つくことは言ってはいけない。

関根:はい。特に(レギュラー出演していた)「笑っていいとも!」はお昼の番組だし、(出るのは)一般の人じゃない? テレビに出るのがそれで最後かもしれない。それで「あなたは暗いですね」とか「なんか変な感じですね」って言っちゃったら、かわいそうじゃない。

川島:アフターフォローのこともあるんだ。

関根:「暗い」って言ったらかわいそうだけど、少し匂わせたい。だから「3冊目の詩集を書き終わりました」とかね。

川島:笑いも生まれるし、言われた人も嫌な気はしない(笑)。日なたではない、密室感は伝わりますよね。

関根:そうそう。“キャンプに行ったりするタイプではないな”って伝わるじゃない。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も配信中です。

次回11月19日(土)のお客様は、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?