「夫がホステスの愛人と結婚」前に進みたい相談者に、江原啓之が助言

「夫がホステスの愛人と結婚」前に進みたい相談者に、江原啓之が助言

「夫がホステスの愛人と結婚」前に進みたい相談者に、江原啓之が助言

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回は、離婚に応じたが、前に進めないと悩む女性からのメッセージと、江原の“ことば”をお届けします。

パーソナリティの江原啓之



◆悔しいやら情けない気持ちに……
「2月に離婚しました。私は45歳、元夫は38歳、子どもは6歳です。原因は主人に愛人ができ、その女性と結婚したいということでした。その女性はバツイチで5歳の子どもがいて、ホステスとして働いていたお店で出会ったようです。その後、主人はその女性を自分が経営している会社の秘書として働かせていました。何度も離婚したいといわれましたが、私は離婚には合意しないでいました。すると離婚調停を起こされ、1年に渡り調停で争ってきましたが、容赦のない態度や、金銭的脅迫に精神的に耐えられなくなり、離婚に応じました。私にも悪い所がありましたので、離婚に納得したつもりですが、元夫が愛人と愛人の子どもと豪華な生活をしている写真をSNSで見ると、悔しいやら情けない気持ちになります。ただこれから私自身、自分の人生をおくる為に、気持ちを切り替えて前に進みたいと思っています。私に必要なメッセージをいただけたら嬉しいです」

◆江原からの“ことば”
「前を向いていくしかない。気持ちはわかるが、別れるときに一番大事なのは“感情はいらない”ということ。理性。SNSは見ない。気にして見ちゃうというところに、まだ気持ちがあるのでしょうね。また、そういうときには、しっかりと弁護士さんを立てること。過去を振り返っても仕方がない。前を見て歩く。夫婦である以上にお母さんでもある。子どもの為に頑張っていくしかない。頑張ってくださいね」

◆江原啓之 今宵の格言
「愛の反対は、無関心なのです」
「依存心を克服し自律すれば、誰も悪者にしません」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)