ダチョウ倶楽部の“プロ意識”に、純烈・酒井一圭「レジェンドとご一緒できて勉強になります」

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」(毎週土曜 17:00~17:55)。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。

11月5日(土)放送のお客様は、4人組ムード歌謡コーラスグループ・純烈のリーダー兼プロデューサー、酒井一圭(さかい・かずよし)さん。ここでは、純烈とダチョウ倶楽部による6人組ユニット「純烈♨ダチョウ(じゅんれつ・おふろ・だちょう)」結成秘話を語りました。


純烈・酒井一圭さん


1975年生まれ、大阪府出身の酒井さん。9歳のときにドラマ「逆転あばれはっちゃく」(テレビ朝日系)で主人公をつとめ、芸能界デビュー。以降、スーパー戦隊シリーズ「百獣戦隊ガオレンジャー」(テレビ朝日系)や、アメリカの映画「シン・レッド・ライン」など数多くの作品に出演。2005年にはプロレスラーとしてリングに上がり、2006年にはトークイベントスタジオ「新宿ロフトプラスワン」のプロデューサーに就任するなど多岐にわたって活動。

2007年に酒井さん、後上翔太さん、白川裕二郎さん、小田井涼平さんからなるスーパー銭湯アイドル「純烈」を結成。「親孝行、紅白歌合戦出場、全国47都道府県で唄うこと」を目標に掲げて活動を続け、2018年に「第69回NHK紅白歌合戦」にて念願の初出場を果たし、昨年まで4年連続で出場中です。2022年12月末で小田井さんが卒業し、2023年から新メンバーとして岩永洋昭さんが加入予定です。


TOKYO FMのラジオ番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」ゲスト:純烈・酒井一圭さん


◆ダチョウ倶楽部から受け取った“プロ意識”

川島:2022年12月末でメンバーの小田井涼平さんが卒業し、2023年から新メンバーとして岩永洋昭さんが加入するというニュースが話題になりました。もう1つニュースになったのが、ダチョウ倶楽部さん。肥後(克広)さんと(寺門)ジモンさんとのスペシャルユニット「純烈♨ダチョウ」。

酒井:(上島)竜兵さんの件があり、世の中が小田井さんの“後釜オーディション大喜利”になっているときでもあったので、肥後さんが「ダチョウ倶楽部は解散しません! 2人で純烈のオーディションを受けます」っていうコメントを発表したんです。僕はそんなことを言ってくださるとは思ってもいなかったので。

川島:純烈の名前を挙げてくれたと。

酒井:訃報のタイミングだったので、励ましたいという思いで「合格ですよ! 推すなって? 絶対推すなって? 純烈は推しますよ」というコメントをTwitterで出しました。

当時、ダチョウ俱楽部が3人で受けるはずだった雑誌「FLASH」(光文社)の仕事がバラシになってしまって、肥後さんが編集部に「こういうことになっちゃってごめんね」と伝えたら、編集部も「2人の企画を練り直しますので、何かあったらいつでも言ってください」とおっしゃったそうです。

そのときに肥後さんが「(純烈のリーダーがTwitterで)いい返しをしてくれたお礼を言いたいから、純烈のリーダーと対談ってどう?」っておっしゃってくださって。

川島:へええ!

酒井:編集部から肥後さんと会う機会をいただいて対談することになり、その1週間前ぐらいにジモンさんも来られることになり、お2人と対談しました。そこで「あのとき、なんで“純烈”って言葉が浮かんできたんですか?」と聞いたんです。「純烈だったら楽しそうだし、みんなが元気になるし、一緒に入って歌いたいなって本当に思ったんです」とおっしゃられて。

(取材前は)お2人が憔悴しきっていた場合、対談後はそのまま帰ろうと思っていたんです。でも、もしお2人がちょっとでもファイティングポーズをとられて、「まだまだ頑張るぞ!」って感じだったら(純烈に)お誘いしようと思っていました。

川島:決めずに会ったんですね。

酒井:(取材前に)メンバー、レコード会社、事務所のスタッフを集めて「対談に行くんやけど、もしお2人が前向きやったら誘おうと思っている。いい?」って許諾だけは身内に取りました。

対談の終わりのときには、お2人は笑顔だったので「差し出がましいのですが、Twitterのやり取りを“ホンマのこと”として、一緒に歌いませんか?」と誘ったんです。そうしたら、肥後さんとジモンさんから「僕ら、デビューしてから誘われた仕事を断ったことがないんです」って言われました。

川島:カッコええなあ。

酒井:「たけし軍団さんが“キツい”と断った仕事も全部拾って、今のダチョウ倶楽部になりました。もし純烈のリーダーさんが『一緒にやろうよ』と誘ってくれるのであれば、僕らは断りません」と、すべてを受け入れてくれたんです。

川島:イエスしかないんだ。

酒井:肥後さんが「ああ。光が見えたね」と言って、ジモンさんも「そうだよね、リーダー。よかったよね」という会話があった瞬間、目の前の太田プロダクションのスタッフさんと、うちのレコード会社のスタッフが名刺交換を始めました。

川島:すごいご縁ですね!

酒井:レジェンドとご一緒できるのは、めっちゃ勉強になりますね。

川島:ダチョウ倶楽部さんとのスペシャルユニットが「純烈♨ダチョウ」。温泉はお互いの共通点ですね。

酒井:熱湯風呂と健康センター(笑)。

川島:お湯でつながるご縁です。



▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee、Spotify)も配信中です。

次回11月26日(土)のお客様は、堀込高樹(KIRINJI)さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?