岸博幸氏、小池知事の築地再開発めぐる対応に「お詫びして回るべき」

岸博幸氏、小池知事の築地再開発めぐる対応に「お詫びして回るべき」

岸博幸氏、小池知事の築地再開発めぐる対応に「お詫びして回るべき」

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。3月6日(水)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんが、築地市場跡地の再開発をめぐる小池百合子知事の対応について、意見を述べました。


3月4日(月)におこなわれた東京都議会での質疑で、小池知事は、築地市場跡地の活用について「方針を変えたわけではない」と述べました。
「築地は守る、豊洲を生かす」という基本方針を発表した当初は、築地市場跡地の再開発について「食のテーマパークとして活用する」と発言。しかし、その詳細について明確な説明はありませんでした。そんななか、都は今年1月に国際会議場を軸とする再開発方針案を公表し、市場の人たちは困惑を隠せないようです。

小池知事の「方針を変えたわけではない」との発言について、岸さんは「残念ながら無理がある」と言います。
食のテーマパークとの打ち出しから一転、国際会議場を軸とする方針案に舵を切ったことについて、「どう考えても方針変更。本来、公約として明言した以上、それを変えるにはそれ相応のしっかりとしたことをやらないといけないはず」と指摘します。
岸さんは、「政治家にとって言葉の重みは大事」としたうえで、本来あるべき対応として「土下座状態でお詫びし、『将来のことを考えるとこれしかないんです』と都議会含め徹底して説明して回らないと駄目」と意見します。そして、今回の小池知事の対応は「強弁ばかりが目立つ。政治家として一番もったいないパターン」と落胆するひと幕も。

過去には希望の党を立党し、自民党内から怒りの声が噴出した小池知事。そのため、自民党内に小池知事を守ろうという人はそれほど多くないそうです。
小池知事を支持する意向を示している自民党の二階俊博幹事長については、「小池知事が個人的にお願いした可能性がある」と岸さん。今回の支援表明をきっかけに、「何らかの動きが始まる気がする」と示唆していました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年3月14日(木) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)
アシスタント:綿谷エリナ(月〜金)
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)