「優作さんを超える才能が…」 松田美由紀の表現力に、シャンソン歌手・聖児が涙

聖児セミョーノフが、高須光聖氏「空想メディア」に出演 松田美由紀の表現力を称賛

記事まとめ

  • 聖児セミョーノフが、放送作家・高須光聖氏のTOKYO FM「空想メディア」に出演
  • 聖児は、敬愛する美輪明宏、舞台で共演する松田美由紀とのエピソードを語った
  • 松田優作氏を称賛し「松田美由紀という女優も同じくらいエネルギーがある」とコメント

「優作さんを超える才能が…」 松田美由紀の表現力に、シャンソン歌手・聖児が涙

「優作さんを超える才能が…」 松田美由紀の表現力に、シャンソン歌手・聖児が涙

「優作さんを超える才能が…」 松田美由紀の表現力に、シャンソン歌手・聖児が涙

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。3月 31日(日)のゲストは、前週に続き、ユダヤ系ロシアのルーツを持つ日本人シャンソニエ・聖児セミョーノフさん。敬愛する美輪明宏さん、舞台で共演する松田美由紀さんとのエピソードを語りました。


高須光聖、聖児セミョーノフさん



◆「人間はいつまでも進化できる」

高須:美輪さんは、「この地球には“正負の法則”がある」というようなことを言ってるよね。良いことがあれば同じだけ、必ず悪いことがある。それは本来回避できないものだけど、どんどん人に尽くして良いことをすれば、自分も同じだけ良くなって、(悪いことを)回避できると。

聖児:“正負の法則”は、僕もとても役立っています。あまりに良いことが続いていたら、「調子に乗ったらいけないな」と。そういう場合は、誰かを手伝おうというマインドになりますね。

高須:なるよね! あの言葉はグッと刺さる。

聖児:大事にしている美輪さんの言葉、僕もいくつかあります。

高須:教えて! どんなのがある?

聖児:美輪さんのコンサートに行ったら、もう何十年も歌っている曲の歌詞を、変えて歌っていらしたんです。そのことを楽屋でふと尋ねたら、いきなりクッ!と真剣なまなざしで「あなたね、人間はいつまでも進化しなきゃいけないし、進化できるの。ね?」とおっしゃるんです。だから、頑張っていないと、美輪さんの前には立てない気分になります。

高須:(美輪さんに)見られてるからね。

聖児:そうなんです。

高須:美輪さんは「“お天道様が見てる”という意識を、日本人は忘れちゃったのよ」と言うよね。それを聞いてから、変なことできへんくなったよ(笑)。

聖児:高須さん、すごく良い人ですね(笑)。

◆松田美由紀は“表現者”

高須:最近は松田さんとも舞台をやってるよね。どういう出会いがあったの?

聖児:不思議な出会いだったんですが……音源作品を作っているとき、恋愛の歌に朗読を入れてもらいたいと思ったんです。男目線の詞なんですけど、日本の俳優さんは、ちょっとピンとこなくて。「女優さんに読んでもらうのが良いのでは?」という話になり、美由紀さんにやってほしいと(スタッフに)言ったんですよ。美由紀さんのちょっと乾いた感じ? ドライさとウェットさが、ちょうどいいところにあるのが、フランスっぽいと感じたんです。

高須:フランスっぽいというのは、松田さんの生きているスタイル?

聖児:スタイルや、醸し出すエネルギー。と言うのも、以前、美由紀さんが出演された舞台「三文オペラ」を観たとき、「フランスの俳優さんっぽい」と思っていたんです。

高須:へぇ〜!

聖児:それから数日後、虎ノ門のフレンチレストランでディナーショーをやっていたら、そこに美由紀さんが現れたんですよ。

高須:それ、何年くらい前?

聖児:もう5〜6年前かな? それで「じつは……」と話をして、作品に参加してもらいました。そこから僕のライブにゲストに来てもらったりするうちに、2人で一緒に舞台を作ろうと。

高須:あの人もすごいじゃない。旦那さん、松田優作さんやからね!

聖児:僕は優作さんをあまり存じ上げなかったんですが、最近、優作さんのドキュメンタリーを観ました。とてもすさまじくて、その上で、松田美由紀という女優も同じくらいエネルギーがあるとわかったんです。だから優作さんは、美由紀さんに惹かれたんじゃないかと。何かの本で読んだんですが、優作さんが「もうこの女から離れられないと思った」と。そういう美由紀さんのエネルギーは、一緒にいて確かに感じます。美由紀さん、すごいです。

高須:へぇ〜!

聖児:今度一緒にするステージのリハーサルで、美由紀さんに歌ってほしい歌を、その場でちょっと伝えたんです。それを歌ってもらったら、あまりに良すぎて……僕とピアニストは泣いていました。そのくらい、すごい表現者です。

高須:まだ俺は、そこを見抜けてなかったなぁ。そういえば昔、松田さんが松本(人志/ダウンタウン)をすごく褒めてたのよ。「なんかちょっと優作と似てるところがあるのよね」と。松本がえらい嬉しそうに聞いてたなぁ。

聖児:美由紀さんはたぶん、ガツンとした、本物のエネルギーを持つ人が好きなんだと思います。どのジャンルでも。

高須:(美由紀さんを)一言で言うと、どんな人?

聖児:やっぱり、“表現者”です。優作さんのファンには怒られるかもしれませんが、ひょっとしたら優作さんを超えるくらいの才能がある。そんな表現者だと思います。

聖児さんと松田美由紀さんとのステージ「松田美由紀×聖児セミョーノフ シネマティック・ライブ・ショー 愛とは花のように育てなければならないもの」は、4月19日(金)・20日(土)は東京・ユーロライブ、6/1(土)は兵庫・神戸アートビレッジセンターにて開催予定です。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年4月8日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組情報】
タイトル:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00〜25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組HP:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/

関連記事(外部サイト)