突然「離婚」を求めてきた夫…納得できない妻に、江原啓之がアドバイス

突然「離婚」を求めてきた夫…納得できない妻に、江原啓之がアドバイス

突然「離婚」を求めてきた夫…納得できない妻に、江原啓之がアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、夫と離婚したくない方のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。


◆何か隠しているとしか思えない
「結婚3年半目。私の夫は海外(ベトナム)で仕事をしており、先週2ヵ月ぶりに帰ってきた矢先、離婚を告げられました。理由は、私との相性の不一致と、全く違う仕事をしたいからとのこと。突然のことでとても驚きました。私は、簡単に決められないからゆっくり考えようと2人で決めましたが、それからも夫は私を避けるようにしており、何か隠しているとしか思えません。あちらで好きな人ができてしまったのではないか、私を嫌いになってしまったのではないかと、あれこれ悪いほうへ考えてしまいます。
私はもちろん、何があろうと起ころうと、夫と別れたくはありませんし、愛しています。年の差婚です。これまでいろいろな壁を2人で乗り越えてきました。簡単に壊れるような、やわな関係を築いてきたわけではないのです。ですが、夫は話し合おうともせず、少しでも話そうとするものなら『今は話したくない。もう少し時間が欲しい』と言うだけです。夫に合わせ別れてあげたほうがいいのか、この先解決できるのか、本当に不安です」

◆江原からの“ことば”
「これは、厳しいな。可哀想ですね。“別れ方で、人の価値がわかります”と、番組の冒頭で言いましたが、この夫の在り方、好きではないな。しかし“何があろうと起ころうと、夫と別れたくはありませんし、愛しています”というのも、どうなのだろうか。こういう状況の中で、夫の人格を疑問に思わないのだろうか。人間というのは、思い出の中で生きるものだと思う。誰でも、良いときというのはある。別れるとき、最後のときは一番嫌。しかし、良いときがあったのも真実。いつまでも継続することが大事ではなく、その思い出を大切に温めて生きるべきだと思うのです。
あなたが決めることだけれど、この状況がずっと続くのであれば、その良いときを胸に、新たな人生を送ることもひとつあるのではないかとも思います。ご主人に“このままずっと変わらないの?”と訊いてみるのもいい。“結婚したことは良かったの?”と訊いて“良かった”と言ってくれたならば、それでいい。良いときがあった。そして本当に愛してくれていたというのがあったならば、それを胸に生きていけます。としたら、美しいのではないでしょうか」

◆江原啓之 今宵の格言
「別れ方で人の価値がわかります」
「あなたの人生の軌跡を汚さないでください」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)